<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「海の秘宝タカラガイを求めて」~ご報告(その②)

12/23のワークショップ「海の秘宝タカラガイを求めて」のご報告(その①)の続きです。

b0076096_18494532.jpgミステリーツアーの果てにたどりついたT海岸でタカラガイ採集を堪能した参加者のみなさんは、バスで萩博物館へ帰還。

ふたたび講座室に集まりました。
b0076096_1850642.jpgここで、まずは自分の採集物を机に広げ、同じ種類と思うもの同士でまとめてグループ分けに挑戦!
私は後で席を回ったのですが、どの方もほぼ分類が的確だったのにはビックリ!
b0076096_18503763.jpgこうして分けたグループごとに資料を見比べながら名前を調べ、そして、種類ごとの個数や合計スコアを集計。
さあ、みなさんどんな種類を、何個ずつ採集できたのでしょう!? 
そして、スコアの集計結果は!?
b0076096_1851749.jpgと、そこで、お一人ずつの合計スコアの発表の前に、全員のデータをまとめて、すべての種類と個数を見わたしてみることにしました。

・・・すると、なんと12種類、合計829個!!
24人で、たった2時間でこの数と量を採集するとは・・・今日の参加者のみなさん、プロ並みの採集人ですね!

タカラガイはもともと熱帯の海が出身の巻貝ですが、その中でも比較的寒さに強いメダカラが727個と最多。次いで、日本近海に適応しているチャイロキヌタが49個。あとの10種類はもっと南の熱帯を好む種類で、あわせてやっと51個。

山口県にはのべ31種類ものタカラガイが見つかっているといえ、寒さに強いメダカラが圧倒的に幅を利かせているのがよく分かます。
一方で、ここ最近、萩近海の水温が高くなってきたせいか、採れるタカラガイの種類が増えたり、種類同士の割合が変動していることもわかってきました。確かに、私が子どものころ(約20年前)、2時間で12種類ものタカラガイがそこそこ混ざって採れるなんてことはありませんでした。
つまり、身近な海辺に打ち上がるタカラガイの数から、郷土の海の変化が見えてくるのです。

b0076096_18531084.jpg・・・といった話を堀がしている間、講座室の隣の体験学習室にはサンタクロースの姿が! (NPO海洋チームのYさん扮する特製サンタ) 

そう、12/23はクリスマスイブの前日。サンタが会場に駆けつけたようです!
↑ そのサンタの脇で、せっせと作業を続ける粟屋隊長はじめNPO海洋チームのみなさん。参加者のみなさん一人一人のスコアをチェックし、順位に応じて贈呈するクリスマスプレゼントを準備。

b0076096_18543273.jpgそうして、ついに参加者のみなさんのスコアの順位が出ました! 

まず、24 位~14位のみなさんに、「4等賞」として萩博特製・タカラガイの携帯ストラップを贈呈。この先、贈呈されるプレゼントは、クリスマス特別企画ということで地元産ではなく舶来品となっています。

b0076096_18554991.jpgb0076096_1856082.jpg次に、合計スコアの順位が13位~7位のみなさんのために、サンタクロースが「3等賞」 をプレゼント! クリスマスをイメージした柄のカノコダカラです。

b0076096_18564445.jpg今後はサンタクロースは6位~2位のみなさんへ「2等賞」を贈呈。
安産のお守りとして重宝される、子安貝(ハチジョウダカラ)!

b0076096_18572538.jpgb0076096_18573449.jpgそして、ついに合計スコア1位の方の発表です! 1位に輝いたのは、お母さんと参加した萩市在住の小学生のY.I.君!
彼はなんと、メダカラ(スコア1点)×56個、チャイロキヌタ(スコア2点)×3個、ハナマルユキ(スコア3点)×5個、シボリダカラ(スコア4点)×1個、ハツユキダカラ(スコア4点)×3個、ホシキヌタ(スコア4点)×2個、キイロダカラ(スコア5点)×2個・・・合計スコア111点というプロ顔負けの数字をたたき出したのです。
そのすばらしい熱意と観察眼に敬意を表し、「1等賞」として 南太平洋のフィジー国では部族の酋長しか所有することを許されなかったという「権力のシンボル」・・・ナンヨウダカラ(コガネダカラ)がサンタから贈られました! 

こうして10時から4時間にわたるワークショップ「海の秘宝タカラガイを求めて」は盛況のうちに終了。 

タカラガイ採集は、誰もが夢中になる「海辺の宝さがし」。けれど、遊びだと思っていたその「宝さがし」は、実は郷土の海の環境変化を知る大切な行動でもあったのです。

タカラガイたちからのメッセージを受け取り、郷土の自然のために自分なりにできることをやる・・・それは、この日タカラガイとの出会いを果たした参加者のみなさんの使命なのかもしれませんよ。



ブログをご覧のみなさま、萩博の「売り」は展示だけではありません。
展示を見るだけでは物足らない!もっと深いことをビシビシ体感したい!という方々のため、少人数制ではありますが萩博物館は来年も生物・天文ふくめ多彩なワークショップを開催します。
どれも楽しい人気の企画ですので、ブログやHP、萩博からの情報はこまめにチェックを! 
来年もまた、萩博の展示会&ワークショップでお会いしましょう!


最後になりますが、当イベントはNPO海洋チームとの共催として、チームメンバーの粟屋さん・小西さん・楊井さん・西村さんのご協力により開催しました。ここに記して、深く感謝いたします。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-12-26 19:20 | 催し物のご案内
うるう秒
 なんと、来年の2009年はいつもよりも1秒長い年になります。

これは、国際地球回転事業(IERS)が決定したもので、2009年1月1日午前8時59分と午前9時00分の間に
うるう秒(leap second)1秒が挿入されます。

このため、2009年は1月1日午前8時59分60秒が存在することになります。

うるう秒は、地球の自転から決める時間と原子の振動から決める時間との差が0.8秒を超えると挿入または削除されます。

原子の振動は一定ですが、地球の自転は一定でないために、この差が生まれます。
前回、うるう秒が挿入されたのは2006年1月1日午前8時59分60秒です。
地球の自転は年々遅くなっているため、削除された例は今のところ(2008年11月末現在)ありません。

いつもより1秒長い2009年をみなさんはどう楽しみますか?
(しかも、来年は世界天文年!!)

[PR]
by hagihaku | 2008-12-26 16:29 | 天体観測室より
「海の秘宝タカラガイを求めて」~ご報告(その①)
b0076096_18382831.jpg一昨日(12/23)、2008年の萩博物館最後のワークショップ「海の秘宝タカラガイを求めて」が無事に終了しました。

参加者のみなさま、お疲れさまでした。そして、寒い中のご参加ありがとうございました。

参加者の方々からのアンケート結果ではみなさまとても楽しんでくださったようで何よりです。
そこで、萩博ブログをご覧のみなさまにもこのイベントの様子をご報告したいと思います。

b0076096_18562462.jpg12/23は朝の最低気温4℃、日中の最低気温9℃という厳しい寒さの予報。

しかし先月に広報をはじめてわずか10日で定員25名の予約がいっぱいになったほどですから、参加者のみなさんは相当に気合の入った方々のはず。私(堀)も共催のNPO海洋チームもみなさんにお会いするのがとても楽しみでした。
やがて、萩市はもちろん、下関市、宇部市、山口市、防府市、光市などから続々と予約者の方々が講座室に到着されました。

b0076096_18573247.jpgさあ、いよいよイベント開始!

まずは講座室で堀が、「タカラガイってナニモノ?」「古代人とタカラガイの意外な関係」「30年前、5個で700万年もした超VIPのタカラガイ」等々をクイズを織りまぜてお話。
その後、大スクリーンでタカラガイ採集のシミュレーションを。
参加者のみなさん、本番のタカラガイ採集に向けてウォーミングアップできたようです。

そうして、いよいよバスに乗ってタカラガイ採集に出発! 
が、実はこのバス旅行は「行き先はヒミツ」。つまり、どこに連れて行かれるか分からないミステリーツアーなのです。

参加者のみなさんの不安と期待を乗せたバスは西へ西へと走り、約40分後、とある町のT海岸でハタと止まりました。

b0076096_18594515.jpg
「ここはどこ?」・・・と不安に駆られながらバスを降りた参加者のみなさんの目前に広がるのは、荒涼とした冬の日本海。

さあ、こんな寒々とした所に本当に「海の秘宝」タカラガイがあるというのでしょうか!?

(左は先月撮影した同じ場所の参考写真)
b0076096_1903695.jpg
山口県の日本海側では、今までにのべ31種類ものタカラガイが見つかっています(萩博物館の未発表分をふくむ)
しかし、その全てがいつも採集できるというわけではなく、たくさん見つかるものから、滅多に見つからない珍種までいろいろです。
そこで、山口県での「珍しさ」に応じて種類ごとにスコアを決め、たとえば、メダカラ(写真下段中央:スコア1点)を5個とハツユキダカラ(写真上段中央:スコア4点)を1個拾った方は合計9点・・・そうして算出した合計点を参加者同士で競い合うゲーム方式で採集に挑んでいただきました。合計点が高得点の方ほど、後で豪華なクリスマスプレゼントが贈呈されるのです。

参加者のみなさんはヤル気満々! が、みなさんなかなか苦戦しておられます。
なぜなら・・・ブログをご覧のみなさまもお試しください。下の写真は、海岸の足元の光景を切り取ったもの。この中にタカラガイが4個あるの、分かりますか?
b0076096_1924184.jpg
(写真は実物の2/3程度のサイズ)
b0076096_1932377.jpg
左が解答。そう、小石やほかの貝殻に混ざって、浜辺に一緒に打ち上げられているタカラガイを見つけることはそう簡単なことではないのです。

しかし、目が慣れてきたのでしょうか?しばらくすると、あちこちから「あった!」と声が。

特にお子様たちはスバらしく目がいいようで、次々とゲットして大人を驚かせます。
b0076096_1944051.jpg
なかには、鶏の卵ほどの大きさもある立派なホシキヌタ(スコア:4点)をゲットしたお子様も!
(左は別の標本の参考写真)


こうして昼食をふくめ約2時間の「シークレットビーチ」での採集を終え、私たちはふたたびバスで萩博物館へ。

さあ、参加者のみなさまはどんなタカラガイを、どれぐらい採集したのでしょう? そして、スコアの合計が最高得点の参加者とはいったい!? 
私もとても楽しみです。

その続きはまた数日内に当ブログでご報告しましょう!

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-12-25 19:10 | 催し物のご案内
12/23のタカラガイ行事は予定通り開催!
萩博物館のワークショップ「海の秘宝タカラガイを求めて」(12/23)にご予約のみなさま、明日は予定通り開催します!

明日12/23は萩では雨や雪は降らない予報ですが、日中の最高気温は9℃、朝の最低気温は4℃と予想されています。
冬らしからぬ暖かさだった先週までとは違い、かなり寒いことが予想されます。
このイベントでは、室内でのお話やクイズや作業のほか、約2時間の海岸での作業を予定していますので、防寒対策を万全にお願いします。

お忘れ物がないように、もちものチェック表を下に準備しましたので、チェックをお願いします。

■もちものチェック表■

すでにお知らせしてあるもの
1. 弁当 (野外が寒い場合はマイクロバスの中で食べますので、その仕様に)
2. 防寒着 (先週までの外出より防寒対策は万全に)
3. 軍手
4. 野外活動のできる服 (動きやすい服装がよいです)
5. 野外活動のできる靴 (運動靴や長靴がよいでしょう; サンダルは×)
6. ビニール袋2枚 (コンビニ袋などでも構いません)

用意しておくと便利なもの
7. マフラー (海では、首の寒さが結構こたえます)
8. 毛糸の帽子 
9. カイロ (冷え性の方や女性には特にオススメ)
10. あたたかいお茶 (一応、海岸や萩博物館にも自販機があります)


最後に、集合場所や時間をもう一度確認しておきましょう。

集合場所: 萩博物館の講座室 (エントランスを入って右手;無料ゾーン)
集合時間: 午前10時 

萩市外からお越しになる方へ: 
朝は、萩までの道の一部が凍結している可能性があります。一般的な萩までの所要時間より長くかかることを想定し、早めに出られて安全運転でお越しください。

万が一、キャンセルもしくは当館への到着が遅れる方は、萩博物館0838-25-6447までお知らせください。
では、予約者のみなさまのお越しをお待ちしております。

なお、このイベントは事前予約制で、予約はすでに締め切らせていただいております。
予約されていない方は、申し訳ございませんが当日参加できませんのでご理解とご了承をお願いいたします。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-12-22 13:33 | 催し物のご案内
白河踊り考、その1
皆さん、ご無沙汰しております。
消息不明を伝えられております生活文化担当学芸員です。
「事多い」年で、ブログ書き込みが疎かになってります。

久しぶりに話題をひとつ・・・・

b0076096_17372773.jpg

戊辰戦争から140年の年が暮れようとしています。

明治元年から数えて140年の年の企画展第二段「明治維新と萩」展に、多数のご来場大変ありがとうございます。

その企画展において展示している錦絵です。
戊辰戦争にかかわった「萩の人」が紹介されています。

中段左の人物が、今回なぜか生活文化担当が話題にしようとしている人物、長州藩士「楢崎頼三」です。

楢崎は、新式のライフル銃を装備した長州藩兵の中隊(100人規模か)を率いて戊辰戦争に従軍します。





b0076096_17445039.jpg

楢崎は新政府軍の中にあって「智勇万人にすぐれ、種々計略をもって諸隊をいさます、古今の勇将なり」と記されています。

今回の展示には、楢崎家文書も展示されています。
その楢崎家文書によると、楢崎は戊辰戦争中、武州、総州、野州と転戦し、奥州入り口の要衝である白河城攻防戦に参戦しています。

白河城攻防戦は、戊辰戦争の激戦の一つで、薩摩藩、大垣藩、忍藩、長州藩の兵士からなる新政府軍700余名が、奥羽越列藩同盟軍2000余名と交戦しました。
この戦いが、戊辰戦争の行方を決定付けたとも言われています。



楢崎家文書によると、武州での緒戦から会津での終戦までに、楢崎の部隊においては、戦死・治療中死20名、負傷42名を数えています。
100名規模の部隊ということですから、死傷は三分の二!!
楢崎自身も、白河城攻防戦中最大の激戦であった1868年5月1日の戦闘で、右腕に銃弾を受け負傷しています。

時代の転換にあたり、結果として勝者・敗者となりましたが、多くの若者が命を落とし、心身に傷を負ったということです。


話題転じ「白河踊り」です。
山口県には「白河踊り」と呼ばれる盆踊りが、各地に伝えられています。
山口県で、なぜ「白河踊り」なのか・・・・  ということについては次回また・・・ (つづく、清水)
[PR]
by hagihaku | 2008-12-19 18:24 | くらしのやかたより
しぶんぎ座流星群
 年間3大流星群の1つである、しぶんぎ座流星群(Quadrantids)2008年1月4日に極大を迎えます。

この流星群はりゅう座とうしかい座の境界付近に放射点を持ち、そこから放射状に流星が流れるように見えます。

現在、しぶんぎ座という名前の星座はなく、そのため、りゅう座ι流星群(Draconids)とも呼ばれます。

毎年1月1日頃~5日頃に出現が見られ、1月4日頃に出現のピークを迎えます。極大時には1時間あたり20~40個程度の出現が見られ、活発な年には1時間に60個もの出現が見られることもあります。母天体については、マックホルツ第1周期彗星 (96P)が挙げられています。

 今年は月明かりの影響もなく条件が良いので、観察をしようと思う人は1月4日の午前3時前後に流星を探して見ましょう。この時間帯、放射点は北東の空約30°の高さのところにあります。流星はそこから放射状に流れるので、どの方角を観察しても大丈夫です。ただし、夜は大変冷え込みますので、風邪をひいたりしないように注意しましょう。

世界天文年である2009年のスタートに、ぜひ、観察にチャレンジしてみてくだい。
b0076096_17244.jpg
1月4日午前3時頃の空


また、世界天文年のオープニングイベントとして、2日夜~5日朝まで「見えるかな年の初めの流星群」キャンペーンが国立天文台によって予定されています。携帯電話からの参加も可能ですので、ぜひ参加してみてください。流星群の活動の変化をリアルタイムで知ることができるかもしれません。
詳しくは、こちらを見てくださいね。

[PR]
by hagihaku | 2008-12-19 17:05 | 天体観測室より
明治政府の方針に楯突いた萩の士族たち―「明治維新と萩」展より③
こんにちは、道迫です。

「明治維新と萩」展も、そろそろ終盤をむかえようとしています。

今回は、市報HAGIに展示資料紹介の3回目が掲載されましたので、そのお知らせをいたします。

b0076096_15323459.jpg
この写真の一番左側には奥平健輔、その右となりには前原一誠が写っています。

明治政府のやりかたに同意できない前原・奥平ら萩の士族は、明治9年(1876)10月、兵をあげることで反抗の意思を表明します。

これが萩の乱です。

しかし、彼らはあっけなく政府軍におさえこまれ、命を落としました。

b0076096_15565167.jpg
これは錦絵の一部ですが、右から2番目の黒い和服姿の人が前原、4番目の鎧姿の人が奥平です。この絵は、出雲宇龍港(島根県出雲市)で彼らが捕縛されるシーンを描いたものです。

改革と犠牲、ほんとうに考えさせられることの多い事件です。

[PR]
by hagihaku | 2008-12-17 15:24 | 企画展示室より
「なんじゃこりゃぁ~!?」・・・クサウオ
穏やかな冬晴れの今日(12/12)の午後。
萩市越ヶ浜の夕なぎ港で釣りをしていた栗田さんから、「目はつぶらで口が大きく、体がオタマジャクシのような魚が釣れた。こんな魚は見たことがない!」と電話が。

早速私(堀)は、現地へと車を走らせました。

b0076096_16465047.jpg
夕なぎ港の防波堤にいた栗田さんたちから紹介された魚を見ると・・・

んむっ!?
確かにこれはオタマジャクシのようなツルリン♪とした魚・・・
b0076096_16555678.jpgが、こちらの写真を見てください。

まわりの人の手足や物品と比べると、その巨大さが分かるはず。 
全長50cmはあります! 
こんなオタマジャクシはいないでしょう。 
まさか、オオサンショウウオが海に!?
b0076096_16562745.jpgそうこうしているうちに、この魚はツルンっと跳ねて横たわりました。
その奇妙な姿にますます戦慄! 新手のモンスターか!?

・・・が、ご安心ください。クサウオというカサゴ目クサウオ科の魚です。

ふつうは沖合の水深50~120mの泥底にすんでいますが、12~3月の冬になると、沿岸の浅いところにやってきて産卵するのです。
メスが産んだ卵を、オスが体をクルンと丸めて一生懸命守っている姿が、海底に潜ったダイバーによってしばしば目撃・撮影されています。

b0076096_1657127.jpg
しかしまあ、岸壁でのんびりアジを狙っていたら釣りざおが急にズシンと重くなって、こんなインパクトある顔がヌッと水面から上がってきたら、そりゃー誰でも驚くでしょう。 

というわけで、冬になるとしばしば萩博に「たいへんだぁっ~!」「なんじゃこりゃ~!」と、鼻息荒い問合せの電話がかかってくるというわけです。

このクサウオ、ぐにゃぐにゃして美味しくないという声も多く、各地でとれても肥料にされる程度でほとんど食用にされないようです。
が、福島県では食用として流通しているようで、刺身にしてポン酢で、また、煮物や唐揚げにして食べられるとのこと。

ですが、萩でこうして冬に見られるのは、上にも書いたように彼らが恋の季節を迎えて産卵するため。寿命もおそらくたった1年といわれている、まさに「体も寿命も太く短い魚」 。よほど食べたいと思わないなら、海に逃がしてあげるといいですね。

風変わりな魚だとしても、私たちがすむ萩を「デート」や「出産」の場として選んでくれてたこと・・・ちょっとうれしく思いませんか? 

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-12-12 16:54 | いきもの研究室より
ふたご座流星群
ふたご座流星群(Geminids)12月14日に極大を迎えます。

毎年12月1日頃~12月20日頃に出現し、12月14日前後に極大を迎えます。ふたご座のα星であるカストル付近に放射点を持つことから、ふたご座α流星群とも呼ばれています。りゅう座ι流星群(しぶんぎ座流星群)、ペルセウス座流星群と共に年間三大流星群の1つに数えられ、多くの流星が出現することで有名です。母天体は小惑星ファエトン((3200)Phaethon)です。

毎年、1時間当たり20個ほど出現し、多いときには60個/時間ほど出現する時もあります。また、様々な条件が合わさり、一晩に見える流星数が最も多い流星群と言われています。ただし、明るい流星は少ないです。

観察は、13日の夜から14日の朝にかけてが良いでしょう(しかも土日)。
ちょうど満月があり観測条件は悪いのですが、何とか工夫をして観察をしてみてください。
防寒も忘れずに!!




[PR]
by hagihaku | 2008-12-12 16:39 | 天体観測室より
「明治維新と萩」展の展示資料を一部いれかえました
おはようございます。道迫です。

b0076096_101573.jpg
11月15日にオープンした明治維新140年記念企画の第2弾「明治維新と萩」展も、はや会期の半分が経過いたしました。

12月11日をもって一部の展示資料はお休みさせることにし、本日、12日から、別の資料に交換することになりました。

今回の展示替えは必要最小限にとどめていますが、どうしても錦絵や染色品などは、露出の限度を考慮せねばなりません(その関係で、照明をぎりぎりまで暗くしておりますので、あしからずご了承をお願いします)。

b0076096_1012071.jpg
展示替えの対象になった資料については、出品リストでもご確認いただけますが、萩の乱の錦絵2点と、陣羽織1点、計3点を入れ替えました。

これから正月に向けて、いっそうあわただしく、また寒さも厳しくなってまいりますが、暖かい博物館で、ぜひおくつろぎいただければと存じます。

以上、企画展示室よりお知らせでした。

[PR]
by hagihaku | 2008-12-12 10:01 | 企画展示室より