<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
マンタの海流大冒険」展のオススメ・・・巨大生物その②:ジンベエザメ
7/4から始まる萩博物館特別展「マンタの海流大冒険」のオススメポイントの一つは、何といっても黒潮の旅の途中で眼前に突如登場する、海の巨大生物たち。

先日は、メインキャラクターのマンタ(オニイトマキエイ)をご紹介しましたが、本展には、マンタと双璧をなす、かの有名な巨大生物が登場します。


その生物とは・・・


b0076096_19325785.jpg
やさしき海の王者、ジンベエザメ(甚兵衛鮫)

←← 山口県初公開! 長さ4mの、ホンモノでできた剥製(はくせい)が当館にやってきます!

ジンベエザメはもっと大きくなると10mを超えますが、その大きさとは裏腹に性質はおとなしく、大きな歯ももたず、マンタと同じようにプランクトンや小魚を海水ごと吸い込んで食べています。

生きているときのジンベエザメは、他の生物からの「信頼」も絶大。

まず、小魚たち(ブリモドキやコガネシマアジなど)が前方に寄り添い、身を守りつつ餌の残りをもらいながら一緒に泳ぎます。
一方、お腹には大きなコバンザメが何匹も吸盤ではりついて「居候」。
そして後方の海中にはカツオの大群が、ジンベエザメが向かうところにあらわれるイワシなどを狙ってついてきます。
さらに、そのカツオを狙うマグロが後をついてきたり・・・と、ジンベエザメ自体がまるで一つの「生態系」

想像してみてください、ある町の沖にジンベエザメが1匹あらわれたら・・・それは「生態系」がまるごと移動してやってきたようなもの。
その町はたちまち豊漁に(!?)・・・というわけで、昔から日本各地の漁師さんたちはジンベエザメを「福の神」等と呼んでありがたがってきました。

さて、萩博物館の「マンタの海流大冒険」展に登場することが決まったこのジンベエザメ。実は、と無縁ではないのです。

萩博物館・山口県水産研究センター・海響館が合同でおこなっている山口県日本海側の特筆すべき生物の出現状況の調査によると、これまでに分かっているだけでジンベエザメはなんと10回近くも萩の海で、人の前に姿をあらわしているのです!
 

にわかに親しみを感じてしまうジンベエザメ・・・さて、「マンタの海流大冒険」展のどの場面でどのようにみなさまの前に姿をあらわすのでしょう!? 

それは、展示を見に来てからのお楽しみ。どうぞご期待ください!

(堀)


ジンベエザメ剥製の借用において協力を賜った平戸市生月町博物館島の館に深謝いたします。
[PR]
by hagihaku | 2009-06-25 19:09 | 催し物のご案内
ヤサガタハダカカメガイ、その後も続々と!
先日から西日本の日本海側で出没しているヤサガタハダカカメガイ
http://hagihaku.exblog.jp/11151514/
http://hagihaku.exblog.jp/11310444/

今後も萩近海で見かけられたらご一報ください!とこの萩博ブログでお願いしたところ、その後、お二人から貴重な情報をいただきました!

まず、6/23(火)のこと。阿武町宇田で漁業を営まれ、日頃から珍しい生物が見つかったら当館まで持ってきてくださる波田野さん。ヤサガタハダカカメガイを生きたまま捕獲されたとのことで、生体を萩博物館まで持ってきてくださいました。


b0076096_2027932.jpg さらに本日6/24(水)、山口市の津田さんが、萩市の小畑漁港の湾内でヤサガタハダカカメガイを発見!
下記の情報と共に、画像をわざわざ萩博物館まで持ってきてくださいました。

発見日時:6月24日 12:00(満潮時)
発見場所:萩市後小畑
撮影者:津田大作さん
発見者:津田真さん


ヤサガタハダカカメガイ、先日の3度きりではなく、今もなお(または再び?)萩の海を泳ぎ回っているようです。


とかく、一度見つかった生物は、「もう第一発見者じゃないからいいや・・・」と放置されてしまいがちです。
しかし、同じ生物が2度、3度と見つかり、さらにそれ以上も発見情報が積み重なってくると、情報の重みが違ってきます。つまり、萩近海では珍種だったはずのヤサガタハダカカメガイがこの時期に集中してかなりやってきていることが浮き彫りになり、近海に何が起こっているのかを論議するための貴重な材料になってくるのです。

こうした情報の蓄積は、郷土の海の変化を見ていくため、ゆくゆくはこの海の未来を見据えて守っていくため、とても大切なことだと私は思っています。

このたび情報をくださった波田野さんと津田さんに、厚く御礼申し上げます。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2009-06-24 20:37 | いきもの研究室より
「マンタの海流大冒険」展のオススメ・・・巨大生物その①:マンタ
萩博物館で7/4から始まる「マンタの海流大冒険」展、これから少しずつ内容目玉展示物などの紹介をしていきたいと思います。

本展は、みなさまに巨大エイ・マンタと共に黒潮を旅しながら、奇想天外なさまざまな生きものたちに「衝撃の遭遇」を果たしていただく、ドラマチックな展示

みどころ・オススメポイントはたくさんありますが、まずは何といっても、旅の途中でどこに出てくるか分からない、海の巨大生物たちでしょう。
標本や精巧模型を駆使する当館だからこそできる技!自然界や水族館ではありえない衝撃の対面シーンを、みなさまのためにご用意しています。

b0076096_20352117.jpg登場する海の巨大生物、まずは本展のタイトルにも登場するマンタ(標準和名:オニイトマキエイ)。

ご存知のとおり、世界最大のエイはば4mという、マンタの中でもビッグサイズの精巧模型が本展に登場!

展示物は来週、当館から1000km彼方の神奈川県立生命の星地球博物館より4トントラックで到着の予定!

・・・なので、今日はまだ萩博ブログで実物をお見せできません。

b0076096_20362083.jpg
そこで、ちょうど今日、私が学生時代に所属していた東京海洋大学潜水部の現役部員Cさんが大迫力のマンタの画像を手配して送ってくださったのでご紹介!
b0076096_2036475.jpg
写真は正真正銘、野生のマンタです。

想像してみてください。
ふと海をのぞきこんだら、あなたの体の数倍も大きなこの巨大生物が・・・
b0076096_20382186.jpg大きな口をガバ~っとあけて、あなたを待ち構えていたら!!

うわぁぁぁ~!食べられるぅ~っ!もうダメだ~っ!・・・と焦るかもしれませんが、
ご存知の方も多いはず、マンタはとても「優しい」生きもの。
その大きな口には大きな歯がなく、プランクトンなどを海水ごと掃除機のように吸い込んで食べます。

さあ、あなたは来月、萩博物館でこの巨大エイ・マンタのなかまと、どんな出会いを果たすことになるのでしょう。
そしてそのエイに導かれ、あなたが萩博物館展示室の中の海流の世界で遭遇する奇想天外な生きものたちとはいったい!???


次の萩博ブログでは、このマンタと双璧をなす、かの有名な巨大生物(もちろん本展に登場!)をご紹介しましょう。どうぞお楽しみに!


写真提供:
1枚目: 戸田亮二さん(東京海洋大学)
2~4枚目: 作田寧之さん(東京海洋大学)

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2009-06-22 18:43 | 催し物のご案内
学芸サポート民具班の皆さんの活動
本日(6月21日)、萩地方は雨模様です。
先日、梅雨の中休みの間に、学芸サポート民具班の皆さんと、民俗資料の受入に行ってきました。

b0076096_8591059.jpg

漁業集落の萩市越ヶ浜です。
南よりの風が吹く、蒸し暑い日でした。

b0076096_912798.jpg

出動?! は、リーダーのKさん、班員のAさん、Oさん、Kさん、Sさん、Mさん、事務局のUさん、そして私。
目指すは、港に面した斜面上の漁具倉庫。

b0076096_911641.jpg

これからの季節、色々な意味で大変な作業です。
腰が完治せず、かつクモが苦手な私は、(申し訳ない気持ちイッパイで)記録係です。

b0076096_9194876.jpg

足場が良くない所でしたが、気をつけて資料を手渡しで搬出しました。
b0076096_9212048.jpg

萩市越ヶ浜は、フク(河豚、フグ)やアマダイ漁で知られる漁業集落です。
1970年代には、100隻を超えるオオブネ(大船、8人程が乗り組んだ漁船)が東シナ海や朝鮮半島近海に出漁していました。

b0076096_9264219.jpg

今回は、そのオオブネで用いられていた道具類(民俗資料)を寄贈いただきました。
民俗資料は、大小さまざまで、一人では運ぶことができないものが多くあります。

b0076096_9315431.jpg

受入資料は博物館、または資料保管場所に持ち帰り、ホコリや汚れを除くクリーニングを行います。
その後、場合によっては防虫、防錆などの処理を行い、目録や資料カードの作成を行います。

b0076096_9413677.jpg

担当者一人では、到底できない作業です。
学芸サポート民具班の皆さんは、萩市にとって大事な資料を滅失させたくないという「思い」で、それらを担って下さっています。
大変にありがたいことです。

受入資料群から読み取れることや、資料の周辺の情報を、できる限りお話しするようにしていますが、地域の博物館として、皆さんの「思い」に十分お答えできていないことに、日々悩みます。
  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2009-06-21 10:03 | くらしのやかたより
ヤサガタハダカカメガイの当たり年!?
先日この萩博ブログでご紹介した「流氷の天使」クリオネのなかまのヤサガタカメガイ

その後、わくわくするような展開がいろいろありました!

6/15ごろ、いつもお世話になっている萩市須佐のスサリゾートダイビングの稲村さんから、須佐にかなり出現しているという貴重な情報が!

ヤサガタハダカカメガイは冷たい水を浮遊して暮らすので、萩博物館では飼育展示が難しい生物です(以前試しましたが、飼育瓶ごと冷蔵庫に入れておくと元気なのですが、常温に出すと底に横たわってしまいます・・・)。
そこで海響館のスタッフの方に連絡したところ、地元の漁協の方々の協力を得てめでたく下関で飼育展示となりました。

さらに、その後、兵庫県城崎の水族館の方からもヤサガタハダカカメガイの発見情報が! 
・・・さらに島根県の水族館アクアスの方からも近海で発見したという情報が!

5/25の山口県の長門市青海島での発見に始まり、6月上旬に同じ場所で再度出現、その後、6月中旬に萩市須佐→兵庫県城崎→島根県浜田。
・・・点でつないでみると、5月下旬から今にかけて西日本の日本海側一帯にヤサガタハダカカメガイの集団が訪れているかのようです。

今までこの近海であらわれたことのなかったヤサガタハダカカメガイ。
この珍種が西日本の日本海側に続々と現われるとは・・・今年はヤサガタハダカカメガイの「当たり年」のようですね。

今、この一帯でいったい何が起こっているのでしょう? 
今後も出現状況の把握を続けていきたいと思いますので、ご協力をお願いします。

近海で、「ん?クリオネ!?」・・・と思うような生物を見かけられましたら、ぜひご一報ください!

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2009-06-20 08:42 | いきもの研究室より
番組放映のお知らせ~6/19(金)
毎月第三金曜日に私(堀)が出演して山口県近海の魅力をお届けしているNHK山口放送局の番組「海中さんぽ」
今月分は明日6/19(金)の放映となりました。

今回のテーマは・・・
みなさん、下の3つの画像を見てテーマをご想像を!
日本人なら誰もが知っている、海にまつわる「ある物語」がテーマです。
b0076096_8413047.jpgb0076096_842347.jpgb0076096_8423268.jpg
・・・この画像から想像される「ある物語」に、萩そして山口県の海を絡め、さらにクイズまじりで楽しく放映したいと思います!

放送の詳細は下記のとおりです。
とくもり情報ランチ
6月19日(金) 11:30~12:00

※「海中さんぽ」は、この時間内に10分ていど放映される予定です。


なお、番組ではみなさまが山口県の海で撮影された風景や生物の写真を募集しています!
応募方法については、NHK山口放送局HPの案内をどうぞ!
https://www.nhk.or.jp/yamaguchi/contact/sanpo.html

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2009-06-18 08:36 | 催し物のご案内
バックヤードで、1,800個もの貝殻が・・・
b0076096_17542846.jpg萩市は、博物館の運営を市職員と、市民の有志からなるNPOとの連携でおこなうという画期的な方法に挑んでいます。

その連携分野は多岐にわたり、私が所属する学芸班でも、これまで学芸員/研究員が一人で四苦八苦しておこなっていたいろいろな作業をNPOの方々と協働でおこなうべく、システムの構築に挑戦してきました。
現在、萩博物館のバックヤードで着々と進行している「マンタの海流大冒険」展の展示物の製作作業。
もちろん、特定の技術をもつ専門員や業者、出勤日がしっかり管理されている職員でなければできない作業がたくさんあります。

b0076096_1756324.jpg
しかし、それ以外の一部の作業を、NPO萩まちじゅう博物館の海洋班のみなさんに提案したところ、熱い「志」で引き受けてくださいました!

← バックヤードに鳴り響く、粟屋班長率いる海洋班のみなさんの声。
脚立を囲んで、班員で論議している、そのターゲットとは・・・
b0076096_1758981.jpg
海洋班の吹上さんがなれた手つきで黙々と紡いでいるのは・・・
b0076096_17593240.jpg暖簾(のれん)です!

ただの暖簾ではありませんよ。ぜんぶ、貝殻でできているのです。
1,800個という気の遠くなるような数の貝が海洋班のみなさんによって厳選され、清楚な暖簾に生まれ変わっていきます。 

暖簾を見ていると、海の季節・夏が間近に近づいてきたことをひしひしと感じますね。

海洋班のみなさんの作業はまだまだ続いていきます。
その努力の結晶・貝の暖簾は、「マンタの海流大冒険」展の会場のどこにどのように登場するのでしょう?
 
どうぞご期待ください。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2009-06-16 17:55 | いきもの研究室より
「マンタの海流大冒険」展、ポスターが完成!

萩博物館HPをご覧の方はご覧になったと思いますが、「マンタの海流大冒険~まぼろしの海神王国をめざして ~」展(7/4~8/31)のポスターが完成しました!

ポスターはタイトルどおり、世界最大のエイ・マンタが、いままさに海のかなたの王国をめざして旅立とうとしているシーンを描写しています。
b0076096_2323743.jpg

ここで、このポスターにまつわる秘話を一つ。
このポスターに出ているマンタは、CGや絵ではありません
私の出身の東京海洋大学潜水部OBで、水中写真集を出しておられる小林修一先輩が撮影された、ホンモノの野生のマンタの写真が素材として使われています。

ご存知のとおり、マンタは世界のダイバーに大人気の生きもの。
日本本土からたくさんの人々が、石垣島、パラオ、モルジブ、タヒチなどへマンタに遭遇しようと出かけていきます。そしてマンタは何人ものダイバーによって撮影されてはいるのですが・・・実は、このポスターのように背中から撮影したシーンは少なく、圧倒的にお腹がわからのショットが多いのです。

それもそのはず、マンタは言うなれば海中を飛ぶ巨鳥。撮影しようと海底に陣取って待ちかまえる人間たちの「上空」をゆうゆうと通過していくのです。

想像してみてください。幅4mにもなる巨大生物が、あなたの真上わずか数メートルの高さを通過していくスリルを! マンタが「上空」を通過するとき、太陽の光はスウっとさえぎられ、身の回りが暗くなります。

そんなスリルと期待の中でダイバーたちが撮影するのは、マンタのお腹がわです。
このポスターのように、マンタを背中からきれいに撮影するには・・・技術と運と努力が必要となります。
この、私が思い描いたイメージにピッタリ合う写真をご好意で提供してくださった小林修一先輩に御礼申し上げます。

来週から、みなさまがお住まいの街角にこのポスターが掲示されていきます。
このポスターを見かけられたら、まもなく始まるマンタとあなたの海流大冒険へ、たっぷり思いを馳せてください!

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2009-06-16 08:00 | 展示のご案内
梅雨の晴れ間
チリメンジャコは、萩を代表する水産加工品のひとつです。
b0076096_1713753.jpg

カタクチイワシの幼魚を釜茹でし、干したものがチリメンジャコです。
熱湯に通して上げたものはカマアゲと呼びます。
これはこれで上品な味です。

b0076096_17133473.jpg

カタクチイワシは2艘曳きの曳き網で漁獲します。
六島の内側(地側)、菊ケ浜・松本川の沖合いが漁場です。

b0076096_17172999.jpg

浜崎市場に水揚げされたものを、できる限り速やかに熱湯に通し、薄く広げて天日で干します。
b0076096_17202716.jpg

5月の末頃には、カエリチリメンと呼ばれる加工品になる、少し大きくなって成魚の形をしたものが漁獲されていました。
6月に入り、再び小さなものが漁獲されています。

b0076096_17251044.jpg

カエリチリメンは、歯ごたえもあり、味わいも深く(濃く?)なります。
右下のものは3㎝余、これより大きくなるとコバイリコ(小さいイリコ・煮干)になります。

b0076096_1745713.jpg

カタクチイワシ以外の魚や小さなイカなどは、箸で選り分けます。
b0076096_1748088.jpg

この生干しのイカも、なかなかイケます。
b0076096_1753742.jpg

日が沈むころから、沖合いにはイカ釣り船の灯りが広がります・・・多分。
(そういえば、今年はまだ蛍も漁火も見にいってない。イカンですな~)

今日、萩は少し乾いた風が吹いています。
梅雨入りはしましたが、雨はお休みです。
  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2009-06-15 18:18 | くらしのやかたより
「マンタの海流大冒険」展 団体専用プラン参加者募集中!
来月4日から始まる萩博物館特別展「マンタの海流大冒険 ~まぼろしの海神王国をめざして~」は、みなさまに海の中を流れる大河・・・海流を冒険していただく展示会。

b0076096_172494.jpg

この展示の公式ポスターとチラシはもう少し先にリリースとなりますが、とりいそぎ、募集を開始した団体向けの関連イベントがありますのでお知らせします。


PTA・町内会・子ども会・児童クラブの担当者の方々に朗報!
平日限定!20名以上の団体向け!
「マンタの海流大冒険」展 団体専用スペシャルプラン


b0076096_17331696.jpg展示をご自分で見ていただくだけではなく、萩博物館のスタッフが特別に対応してゲームや各種体験を楽しんでいただくプランです。5~6人ずつのチーム対抗で、下の3つのステップに順々に挑戦していただきます。

ステップ1 海のいきものウルトラクイズ
「25mプールを1秒以内で泳ぐことのできる魚は? - ①カツオ ②カジキ ③サメ」
・・・などなど、知ってるとちょっと自慢できる海の生きものに関する三択や○×クイズに挑戦!

ステップ2 犯人をさがせ!きみは海の捜査官
「長さ3m!ノコギリのようなギザギザの歯。性質は凶暴。」・・・など、手配書に書かれたプロフィールをもとに、展示室の中でターゲットをさがそう!

ステップ3 小さな砂浜で小さな貝さがし部屋の中に、小さな砂浜が登場!その砂浜には何百もの小さな貝がギッシリ!その中から、海神おすすめの貝をさがそう!(貝はプレゼント)

優勝チームには賞品があります!

とき: 展示会期中(7/4~8/31)の平日 (ただしお盆期間8/10~14はのぞく) 9:00から17:00までの間のいずれかの時間

対象: 20名以上の団体(小学生以下は保護者同伴)

所要時間: おおむね1時間半~2時間 (調整できますので申込み時にご相談ください)

参加料: 展示室入場料として大人400円、高校・大学生240円、小・中学生80円 (団体割引料金になっています) ※年間パスポート利用可

申し込み: ご希望の日の1週間前までに萩博物館0838-25-6447
※ 対応スタッフや会場の都合により、日時の調整をお願いする場合があります。


萩博物館の夏の展示にあわせた団体専用スペシャルプランは、昨年は期間中500人近くものご利用があった人気のプランです。
上記の期間中、1日につき2組様までしかお受けできませんので、お問い合わせ・お申し込みはお早めに!

http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/0907manta/event.htm

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2009-06-11 17:29 | 展示のご案内