<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
萩博物館は年末・年始も開館しています。
今年も残すところ2日。
萩博物館は、年末年始も休まず開館しています。
企画展「なつかしい日本のふるさと・萩」展も、好評(だといいですが・・・)開催中です。
萩の「まち」で感じることができる「なつかしさ」や「心の安らぎ」の源って何だろう?
そんな素朴な疑問について考えるキッカケとなれば幸いです。
b0076096_1151862.jpg

今回の企画展の目玉資料のひとつ「双葉幼稚園運動会」の映像。
1935~37年撮影の映画です。
入場行進でしょうか。
背景は「一○酒場(現在のいちまる酒造、建物は現役)」
b0076096_1161536.jpg

b0076096_1163528.jpg

遊戯でしょうか。
エプロン、ワカメちゃんのようなおかっぱの女の子、そして「おんな先生」
b0076096_1182919.jpg
b0076096_1183815.jpg

運動会といえばコレでしょう。
「位置について~」 「あぁ~、走っていっちゃった・・・」
園舎やグランドで、たくさんの人がこども達を見守っています。
b0076096_11243128.jpg

b0076096_1119554.jpg

「萩管弦団」の生演奏で、運動会は盛り上がります。
b0076096_11245938.jpg

男の子たちの綱引きです。
旧制萩中学校の制服が見えますが、手伝いのお兄さん達でしょうか。
b0076096_11253389.jpg

b0076096_11283214.jpg

お母さん達も競技に参加です。
皆さん!着物に割烹着、下駄履きです。
たくさんのフネさんとワカメちゃん。
b0076096_11351382.jpg
b0076096_11352138.jpg

保護者によるバザーでしょうか、何を食べておられるのかお分かりですか?
なんと、アイスクリーム!!
金魚すくいのモナカ?に盛られたアイスクリームを、皆さん満面笑みで、少しずつ、いとおしみ味わっておられます。

保護者や兄弟姉妹や親戚知人や地域の人、たくさんの人が参加する運動会です。
観ていて「ホッ」とする映像です。

「なつかしい日本のふるさと・萩」展で上映中。
萩博物館は、年末年始も休まず開館しています。
ぜひお運び下さい。  (・・・つづく、清水)
[PR]
by hagihaku | 2010-12-30 11:51 | くらしのやかたより
新年を迎える準備が整いました
年中無休の萩博物館ですが、新春らしくエントランスの飾り付けをしています。
b0076096_175720.jpg

NPOの方にお花を活けていただきました。
b0076096_178860.jpg
館所蔵の萩藩主ゆかりの三方(さんぽう)を使って正月飾りをし、来年の干支「卯」の大型パネルが出迎えます。
1月10日まで展示予定です。
b0076096_1783090.jpg
※沢瀉(おもだか)紋入三方
萩藩士乃美氏が藩主毛利氏から拝領した三方。「沢瀉紋」は、「一に三つ星紋」とともに毛利氏の家紋。隣の「菊花紋」は、毛利氏が朝廷から拝領した家紋。
※雲谷派絵師の「卯図」
雲谷派は雪舟の画法を受け継いだ萩藩のお抱え絵師で、江戸時代中期の1700年代前半に制作された屏風画のうちの卯図。屏風は六曲一双で、一扇ごとに十二支の動物が描かれている。

また、高杉晋作資料室では高杉家が藩主から拝領した雛人形を展示しています。
こちらのお道具にも「沢瀉紋」が入っています。
b0076096_1763681.jpg

企画展示室では「なつかしい日本のふるさと・萩~1930年代の映像・絵画から~」を好評開催中。
帰省されたご家族、観光でいらした方もぜひおいでください。
[PR]
by hagihaku | 2010-12-29 17:11 | 事務局より
初公開!1930年代のふるさと萩の映像
この数日、萩では雪が舞っています。
城下には、菊ヶ浜や西の浜に打ち寄せる波の音が轟いています。
「まち」を歩く人も少なく、静かな城下町を体感できる良い季節になりました。
b0076096_9143318.jpg

萩博物館企画展「なつかしい日本のふるさと・萩」展で、注目を集めている資料です。
1935年に撮影された映画で、「萩史蹟産業大博覧会」の様子や賑わう街の様子を記録したものです。
一昨年に市内旧家で発見され、漸くフィルム修復を終え、今回の企画展の中で、デジタル映像を上映しています。
b0076096_9273414.jpg
b0076096_9275261.jpg
b0076096_928516.jpg
b0076096_928187.jpg
b0076096_928285.jpg

賑わう田町の商店街を、西から東に通り抜ける斬新な映像です。
それぞれの商店には、史蹟産業博覧会を祝う提灯が掲げられています。
40日間余の会期中に、萩の史跡や博覧会を観るために、内外から多くの人が訪れました。
史蹟産業博覧会は、史跡を保全活用しながら経済振興をはかるという、今につながるユニークな取り組みでした。

この映像の他に、同じ頃に撮影された萩の記録映画2本も上映しています。
いずれも初公開!必見の資料です。

ということで、萩博物館は年末年始も休まず!年中無休で開館しています。
お運びお待ちしております。   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2010-12-27 09:46 | くらしのやかたより
「なつかしい日本のふるさと・萩」 展が始まりました。
萩博物館企画展 「なつかしい日本のふるさと・萩」展が、12月11日(土)より始まりました。
b0076096_16253399.jpg

企画は、生活文化担当雑芸員です。
準備に忙殺され(=取り組みが遅く、企画が練れていなかったため泥縄の毎日で・・・)、久しぶりの投稿と相成りました。
申し訳ありません。
b0076096_1629381.jpg

回廊に設置した、凡そ100年前の萩三角州パノラマ写真パネルです。
幅は5メートル弱、展示の導入としました。
b0076096_16323414.jpg

萩の「まち」で感じられる「懐かしさ」や「心の安らぎ」が何を源としているのか、そしてそれらがどのように形作られたのかを一緒に考えてみませんか?ということで、展示を企画しました。
萩にお住まいの方や、萩出身の皆さんに是非ご覧いただけないかと思っています。
まずは、大まかに萩の「まち」のおさらいです。
大きく引き伸ばしたパノラマ写真からは、様々な情報を引き出すことができます(多分、萩の人は・・)。
b0076096_16442292.jpg

展示パネルの傍らに、情報を書き込める写真パネルを用意しました。
b0076096_1647756.jpg

これは○○、ここは△△と、皆さん互いにご存知のことを出し合って、交流の場としていただければと思っています。
企画展は、来年4月10日(日)までのロングランです。
ということで、展示の内容につきましては、追々ご紹介をして参ります。
b0076096_16564359.jpg

突然ですが、長崎県のとある島の写真です。
実は、来年春の企画展も、内緒ですが私めが担当します。
連投です!
今回の企画展と同時進行で準備を進めていましたが、資料所在調査で一昨昨日行ってきました。
様々発見がありましたので、こちらも追々ご紹介して参りたいと思っています。   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2010-12-21 17:18 | くらしのやかたより
特別公開「高杉家ゆかりの雛人形」
今夏、東京の高杉春正氏宅で史料調査を行った際、同家に伝来するという雛人形を拝見させていただいた。男女一対の人形(高さ約40センチ)に道具類が若干つくというシンプルなものだが、大きさといい、丹念に作り込まれた十二単衣といい、なんとも言えぬ風格がただよっていた。同家は晋作の妹光子の末裔で、この人形も晋作が眼にしていたかもしれないと思うと、なおさら感慨深いものがある。これはぜひとも萩の地で里帰り展示をしたいと思い、高杉氏にお願いしたところ、ご快諾をいただいた。12月29日から翌年4月3日まで、萩博物館の高杉晋作資料室で展示予定である。
b0076096_1328026.jpg

2月3日から開催される「萩城下の古き雛たち」のイベントにも彩りを添えることだろう。この機会にぜひご覧頂きたい。以下は展示用に書いたキャプションである。

「高杉家伝来の雛人形 (高杉春正氏蔵)
高杉晋作が生まれた、長州藩士高杉家の子孫宅に伝わる雛人形。道具には藩主毛利家の裏紋が入っているので拝領品と考えられるが、拝領した時期などについては不詳。高杉家は藩主側近を何人も輩出した名門で、それが晋作の大きな誇りだった。晋作には3人の妹があったから、ひな祭りの季節には高杉家は華やかな雰囲気に包まれていたのではないだろうか。
これは江戸時代初期、京都の雛屋次郎左衛門が作り出した「次郎左衛門雛」と呼ばれるスタイル。天明(1781-8)ころの川柳に「きめのいい団子に目鼻次郎左衛門」と詠われた、まん丸に近い顔に引目鉤鼻の面相が特徴だ。江戸時代は上級武家の雛人形の正当派として愛された。次郎左衛門の名は襲名され、13代まで続き、昭和になり途絶えた。徳川11代将軍家斉の時代、毎年春には雛人形の飾り付けのため江戸城に招かれたという。」


b0076096_13265770.jpg

展示準備中、ふと見ると男雛が女雛に謝っているようで、笑ってしまった。人形の胴体はワラを束ねて作られており、それに木製の首が刺さっている。実は男雛は重心がおかしくなっており、前かがみになってしまうのだ。

(一坂太郎)
[PR]
by hagihaku | 2010-12-20 13:30 | 高杉晋作資料室より
企画展「なつかしい日本のふるさと・萩」始まりました
萩博物館今年度最後の企画展「なつかしい日本のふるさと・萩~1930年代の映像・絵画から~」が12月11日土曜日から始まりました。
それに先立ち、10日金曜日午後3時から恒例のオープニングセレモニーを行いました。
b0076096_18381335.jpg
b0076096_18384139.jpg
b0076096_1839584.jpg

多くの方にご参加いただき、一足先にお楽しみいただきました。

展覧会が始まり、当時を懐かしんで、80代、90代の方もおいでになられているようです。
NPOガイド班、受付班の方から伺いました。
そして、今日14日、萩ケーブルテレビで放送される市広報番組「まいたうん萩」を収録。
b0076096_1840582.jpg
b0076096_18402546.jpg

清水統括学芸員が解説をしております。

ただ、百聞は一見にしかず。
b0076096_18451198.jpg
ぜひ約80年前の萩の人々、生き生きとした表情をごらんいただきたいと思います。
本当に必見です。
[PR]
by hagihaku | 2010-12-14 18:46 | 事務局より
クリスマス恒例!タカラガイイベントの開催
萩博物館HP、萩市報、NHK山口放送局の番組「情報維新やまぐち」(12/1)でお知らせしましたように、萩博物館では来る12/23(木・祝)にスペシャルイベントを開催します。
完全予約制(先着20名)ですが、あと少し空きがありますのでお知らせします。

海の宝石・タカラガイをもとめて

「海の宝石」ともいわれる美しさ。古代人が「お金」として使った憧れの貝・・・タカラガイ(宝貝)を、萩博物館とっておきの浜辺で探してみませんか?

と き 12月23日(木・祝) 午後1時~4時30分 (小雨決行)

ところ 萩博物館オススメの海岸 (当日までシークレット)

集合 午後1時に萩博物館講座室(無料ゾーン)へ (開場12:40~)

参加資格 小学生以上 (小学生は保護者同伴)

内容 タカラガイに関する話・クイズ ⇒ 館オススメの海岸でゲーム形式の採集 ⇒ 館内で名前調べ・ゲーム得点発表、賞品贈呈。

参加費 資料代として300円

もちもの 貝を入れるビニール袋2枚、野外活動のできる服装(長袖・長ズボン)、防寒着、水筒、筆記用具

申し込み方法 完全予約制です。11月24日(水)から受付開始、先着20名で締め切ります。
電話 0838-25-6447、FAX 0838-25-3142、E-mail muse@city.hagi.lg.jpWebページから、参加される方の氏名、年齢、住所、連絡先をお伝えください。

中止の場合 荒天などの理由により中止の場合のみ、前日の夕方に、申込み時にお知らせいただいた電話番号へご連絡します。

みなさまのご参加をお待ちしております。


[PR]
by hagihaku | 2010-12-02 09:34 | いきもの研究室より