<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
クジラにかかわり、近代を拓いた萩・北浦の人たち
萩博物館企画展「萩・北浦地域のクジラ文化」、展示紹介の続きです。
b0076096_1631479.jpg

これまで、歴史を動かした(かもしれない)クジラや、私たちに連なる人たちを生かしてきたクジラについてご紹介してきました。
今回は、クジラにかかわり近代を拓いた人をご紹介します。
b0076096_1654088.jpg

その人物は、岡十郎です。
明治3年(1870)、奈古村(阿武町)の西村家に生まれ、長じて福井下村(萩市、旧福栄村)の酒造家岡家を継ぎます。
県会議員を辞して、明治32年(1899)、三隅村(長門市)の山田桃作とともに、仙崎(長門市)を本拠に、汽船と捕鯨砲を導入した近代捕鯨会社を創設しました。
b0076096_1611434.jpg
b0076096_16111957.jpg

岡十郎が採用した捕鯨法は、ノールウェーにおいて開発されたことからノールウェー式捕鯨法と呼ばれます。
汽船でクジラを追跡し、綱の付いた銛(モリ)を捕鯨砲で打ち込み、綱を起重機で巻き上げて捕獲することを特徴とします。
b0076096_16144794.jpg

岡十郎は大変に行動力のある人で、会社設立が決まるとただちにノールウェーに赴き、捕鯨用具を発注し、捕鯨法を実地研修しました。
明治32年(1899)の旅券が残されています。
国(長州の先人たち)の支援もあったようで、農商務省嘱託という立場で、オフィシャルな旅券が発行されています。
時の農商務大臣は曾禰荒助、旅券発行や操業地韓国との交渉する外務大臣は青木周蔵で、いずれも萩出身です。
b0076096_16222925.jpg

岡の起こした近代捕鯨会社は、最初、韓海(朝鮮半島近海)における捕鯨操業で実績を上げます。
岡は若き日に慶応義塾で学びますが、学を修めて帰郷する際に、福沢諭吉より「郷里の長門国は韓国と一衣帯水の地にあり、これからは韓海の水産資源開発・水産業振興に努めることが大切である」との示唆を受けたとされます。
岡はそれを実行し、会社はやがて、日本最大の捕鯨会社に発展します。
以前からクジラ捕りにかかわり、また鱶延縄漁や潜水漁で韓海に出漁していた萩・北浦地域の人たちは、岡の起こした会社にかかわり、長く日本の近代捕鯨を牽引していったのです。
b0076096_1635138.jpg
b0076096_16351656.jpg

韓国蔚山の長生浦にある捕鯨博物館です。
館内には旧い採油機械などが展示されています。
蔚山広域市と萩市とは、1968年に姉妹都市提携を結んでいますが、岡の起こした会社が、最初に韓海操業の拠点にしたのが蔚山でした。

・・・ということで、続く。  (清水)  
[PR]
by hagihaku | 2011-05-21 16:40 | くらしのやかたより
萩・自然ふしぎ発見ツアーを開催!

暑い日が続くようになり、もうすぐ梅雨の季節がやってきます。
この季節に見られる昆虫といえば、なんてったって日本人ならホタルです。

b0076096_13324251.jpg
6月になると各地で「ホタル祭り」が開催されます。ホタルをこれほど愛する国民は日本人だ
けだと思います。

ホタルが光り乱舞する姿に、日本人ははかなさや哀れみという感情を抱いてきたのだと思います。
b0076096_13331799.jpg
しかし、昨今のホタル祭りは、どこも文字通りのお祭騒ぎで、このような情緒を感じることができません。
数人で、秘密の場所に出かけるという人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、今回は、萩博物館が「とっておき!萩城秘蔵のヒメボタルをたずねて」という特別プランを用意しましたので、ぜひご参加ください(完全予約制)。

ホタル祭りで見られるホタルは川のそばに生息するゲンジボタルですが、このたびは林の中で見られるヒメボタルを指月山で観察します。
このツアーに参加すれば、今までのホタルのイメージが変わることと思います。

とき:
5月28日(土)
・19:00までに萩博物館講座室に集合
・終了は21:30ごろの予定
・事前予約なしでの当日参加はできません


服装:

蚊に刺されないよう、長袖・長ズボン

申込み・問い合わせ:
電話0838-25-6447
E-mail:muse@city.hagi.lg.jp

完全予約制ですが、まだ空きがあります!お申し込みはお早めに!

(椋木)

[PR]
by hagihaku | 2011-05-18 13:37
殿様も吉田松陰も食べていたクジラ
b0076096_8493772.jpg

クジラに生かされてきた萩・北浦地域の人々です。
b0076096_853074.jpg

地域の人とクジラとの関連を略年表にまとめてみました。
b0076096_8535911.jpg

皆さんが良くご存知の人物もクジラの恵をいただいていました。
b0076096_8554485.jpg

吉田松陰と兄の杉民治との往復書簡です。
野山獄に入獄していた松陰に、兄が差し入れとともに手紙を送り、その手紙の行間に松陰が返書をしたためています。
差し入れの「鮮肉(=鯨肉)」に対して、「大変有難い」、「食べ尽くして皿しか残らなかった」と書かれています。
この他にも、「鯨肉」の文字が認められる書簡が2通残されています。
いずれも、鯨肉の差し入れへの返礼がしたためられています。
つまり吉田松陰は、獄中で!、少なくとも3度、鯨肉を食していたのです。
b0076096_9112654.jpg

殿様がクジラを食していたことを証す資料です。
代官所の役人の覚えで、クジラが捕れるたびに、「赤身」・「海老尾」・「手平」肉を、「いつものように!」、山口の「五十鈴御殿厨房」へ、「殿様お上がり料」として届けるということが書かれています。
山口の御殿とありますから、山口に政庁が移転した文久3年(1863)以降の文書です。
鯨肉の上納を受ける殿様は、13代藩主の毛利敬親公です。
どのように調理されたのか興味を覚えますが、残念ながら記録されていません。
b0076096_92182.jpg

クジラ捕獲を代官所に報せる文書です。
クジラが捕れるということは、藩としても大変な関心事でした。
そのためクジラが捕れるたびに、代官所に、いつ、どこで、どのくらいの大きさの、何という種類のクジラが捕獲されたかを「御注進(=報告)」することになっていたようです。
11尋(約17メートル)のナガスクジラが捕獲されたが水没し、2時間かけて引き上げて、2時間かけて波止まで漕ぎ返ったことを先ずもってお報せします、というような内容の文書が、多数伝えられています。

現在、高杉晋作資料室では、松下村塾塾生の吉田稔麿に関する資料のテーマ展示を行っています。
その中で、吉田稔麿がクジラを食したことを示す資料を展示しています。
村田清風が、鯨肉と蒲鉾を、招聘した会津藩の槍術家に贈ったことを示す資料も伝わっています。
丹念に資料にあたれば、まだまだクジラを食していた記述を見出すことができるかもしれません。

・・・ということで、続く。  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-16 09:47 | くらしのやかたより
命をいただき、生かされてきた人々
5月15日、さわやかな朝です。
夏みかんの花の良い香りが漂っています。
b0076096_8343362.jpg

萩博物館企画展「萩・北浦のクジラ文化」、展示のご紹介の続きです。
b0076096_8414143.jpg

一般的に西海捕鯨漁場と呼ばれる海域と、捕鯨の拠点を示した図です。
萩・北浦地域は、その北部の一角に位置しま。
北浦地域とは、山口県の日本海・響灘沿岸地域をさす呼び名です。
この西海捕鯨漁場は、クジラの回游路にあたり、昔から多くの捕鯨組織が寄り来るクジラを捕獲してきました。
江戸時代の一時期、73組の捕鯨組織が活動していたという研究もあります。
b0076096_847268.jpg

萩・北浦地域に寄り来ていたクジラです。
セミ、ザトウ、ノソ、ナガス、アオサギなどと呼ばれるクジラが回游してきました。
b0076096_851182.jpg

当初は、何らかの理由で寄り着いたクジラを利用していたようです。
村境に流れ寄ったクジラの処理で、しばしば紛争が起こった記録が残っています。
寄り来るクジラを、積極的に捕獲するようになったのが何時のことなのかは、実は良く分かっていません。
江戸時代の初め頃には、銛(モリ)や剣などで突いて捕る捕鯨法はあったようです。
やがて17世紀の終わり頃、クジラの進路に網を張り、追い立てたクジラが網に絡んで動きが鈍くなったところを突き捕る捕鯨法が開発されました。
b0076096_9224755.jpg

長門市仙崎(瀬戸崎)の八坂神社に奉納された江戸時代の捕鯨絵馬GPです。
網掛け突き捕り捕鯨の様子を伝える貴重な資料です。
クジラを追い立てる勢子船、進路に網を張る網船、陸上の見張り、海上の見物衆などが、鮮やかに描きこまれています。
b0076096_9273427.jpg

クジラの進路に張る網の材料には、カワカミソと呼ばれる阿武川上流の川上地域に産する苧(アサ・カラムシ)が用いられました。
カワカミソは大変に丈夫な繊維で、藁縄網に代わりこれを用いるようになってから捕獲効率が格段に良くなったとされます。
b0076096_9355458.jpg

カワカミソの細い縄を幹縄とした鱶(フカ)延縄です。
萩市玉江浦や鶴江浦において用いられてきた鱶(フカ=サメ)を漁獲するための漁具です。
本題とは少し反れますが、玉江浦や鶴江浦の漁業者は、江戸時代から鱶延縄漁具を携えて、朝鮮半島近海のいわゆる韓海に出漁していました。
カワカミソは、漁具やロープの材料として用いられていましたし、衣類の材料としても用いられました。
b0076096_1022432.jpg

クジラを捕獲・加工する道具も、捕鯨拠点であった長門市通、旧油谷町川尻でお借りして展示しています。
質・量的には、長門市通のくじら資料館の国指定資料が圧倒的です。
一度ご覧になって下さい。
b0076096_1015578.jpg

旧油谷町川尻でお借りした捕鯨用具です。
川尻では、明治41年(1908)まで、寄り来るクジラを捕獲する伝統的な捕鯨組織が活動していました。
b0076096_1322441.jpg

そして、萩市見島に伝えられた捕鯨用具です。
今回、企画展準備の中で見出された資料です。
江戸時代終わり頃の見島全図には、「鯨固屋(小屋)」の書き込みがあります。
その近くでは、クジラを供養する鯨塚の確認もできました。
これら資料は、クジラの恵をいただき、生かされてきた萩・北浦地域の人々の、生きていくための葛藤を伝えるものです。  
・・・ということで、続く。   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-15 13:15 | くらしのやかたより
勝手に・・・夏みかんの花の開花を宣言します!
5月13日(金)、さわやかな朝です。
b0076096_922514.jpg

博物館敷地内の夏みかんの樹です。
b0076096_924872.jpg

お待たせしました。
咲きました!
b0076096_9244179.jpg

咲きましたヨ~。
夏みかんの花の開花を、勝手に(?!)宣言します!
b0076096_9254781.jpg

今年、萩への(萩博物館への)ツバメの飛来は、3月31日でした。
この20年で最も遅い飛来でした。
冬の寒さの影響でしょうか。
例年であれば、GWの終わり頃にポツポツ開花していた夏みかんの花です。
今年は、1週間遅い夏みかんの花の開花です。
b0076096_930191.jpg

良い香りが漂い始めています。
14日(土)、15日(日)は「夏みかん祭り」です。
22日(日)は、「浜崎伝建おたから博物館」です。
これから二週間余、「まちじゅう」が夏みかんの花の香りにつつまれます。
エエですよ、萩は!  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-13 09:45 | くらしのやかたより
クジラに生かされてきた? 萩・北浦地域の人々
12時の気温が28.8℃! 朝から暖かい、というよりも暑い萩です。
萩博物館内の夏みかんのつぼみは随分大きくなっていますが、まだ花開きません。
開花宣言は明日くらいでしょうか。
b0076096_1312637.jpg

「萩・北浦のクジラ文化」展ご紹介の続き、「クジラに生かされて」のコーナーです。
b0076096_13265527.jpg

古式捕鯨の拠点・長門市、近代捕鯨の基地・下関市といったイメージがある中、なぜ、萩市でクジラをテーマにした企画展を開催するのですかというお尋ねを受けます。
それは、江戸時代から近代・現代に至るまで、萩とクジラとの間に、長門市や下関市とクジラとの関係にも勝る深~い関わりがあるからなのです。
萩博物館は、萩・北浦地域の拠点博物館です(気持ち・心意気としては)。
地域とクジラとの関わりを、広く、様々な方面から一度おさらいしておく必要を感じていたことから、資料の掘起しを進めていました。
b0076096_13393053.jpg

萩・北浦地域には、昔から多くのクジラが寄り来ており、人々はその恵みを享受しつつ暮らしてきました。
江戸時代、長州藩では、その寄り来たクジラを捕る捕鯨を奨励・支援してきました。
b0076096_13531154.jpg

萩城外堀の発掘調査で出土したクジラの骨です。
江戸時代の地層からの出土で、骨には加工痕があります。
加工して何を得たのか! 実は、藩が捕鯨を支援した理由の一つは、これだったのです。
クジラが捕れることで藩にもたらされる莫大な運上銀(税金)の他に!
b0076096_14134960.jpg

江戸時代の農業書『除蝗録』の一頁です。
稲を食害する害虫の駆除方法についての記述に添えられた挿絵です。
図の上方では、水田にヒシャクで何やら撒いています。
図の下方では、稲の上を箒のようなもので払っています。
この撒いているものが、クジラから採れる鯨油なのです。
鯨油の油膜が張った水を稲に掛けたり、稲を揺すって虫を落として溺死させるという害虫駆除方法は、17世紀の終わり頃に発見・開発されました。
農薬が開発される以前は、他に有効な害虫駆除方はありませんでした。
b0076096_143269.jpg

下関市豊北町で、1950年頃まで用いられた油を入れる竹筒です。
ウンカなどの害虫駆除のため、油を水田に撒く際に用いられたものです。
江戸時代から近代・現代に至るまで、鯨油は害虫駆除に無くてはならぬものでした。
害虫を駆除することが米の生産を維持することにつながり、そのことで、私たちに連なる人たちは命を保つことができました。
私たちは、まさにクジラによって生かされてきたのです。
長州藩においては、クジラが不漁の年などには、わざわざ他国産の鯨油を買い求めて藩内領地に配ったとされます。
クジラは、36万9千石(米の生産高で表現!)を支え維持してきたのです。
b0076096_1445724.jpg

現在も執り行われている「虫送り」の民俗です。
「サバー送り」とか「サネモリ送り」とも呼ばれます。
かつて人々は、虫の害を、稲に災いをなす御霊などの仕業と考えました。
その御霊などを藁人形や麦藁船に込めて、自分達の暮らす世界の外に送るのが「虫送り」です。
この藁人形は、長門市飯山八幡宮を出発し、延々と村境から村境へと送られ、最終的には旧豊浦町の犬鳴海岸から海に流されるとされます。
害虫防除を共同で祈願する興味深い民俗が、萩・北浦地域には今も息づいています。
ということで、災いが込められていない藁人形も、展示の中でご紹介しています。
b0076096_156869.jpg

萩市椿地区に伝えられてきた「虫送り」行事です。
田植え後に行われる行事で「地神祭り」とも呼ばれます。
地神僧による祈祷の後、稲株や供物を麦藁で作った「虫送丸」に収めて川に流します。
農薬が使われる以前、せいぜい鯨油による害虫駆除しかできなかった頃から伝えられる民俗です。
これも、災いなすものが込められていない麦藁船を展示しています。

長くなりました。
次回へ続きます。

萩博物館企画展「萩・北浦のクジラ文化」展、好評(だと良いですが・・・)開催中です。  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-09 15:18 | くらしのやかたより
土星を見よう!
土星観望の絶好期!

 お久し振りです。「小惑星NH」です。

 博物館では、毎週土曜日に天体観望会をおこなっています。
 昼は太陽の観望(1時から4時30分)。夜は星の観望(7時半から9時)。

 現在、木星観望の絶好期です。
 土星は、南の空にいます。
 去年の土星は、環(リング)が真っ直ぐで、串ダンゴのように見えていましたが、今年の土星は、環が開き始めたばかり。
 環は年々大きく開いてきて、2017年には最大となるそうです。
 7月ごろまで、土星の観望を楽しめます。

 去年4月の土星
b0076096_10471017.jpg

 今年4月の土星
b0076096_112898.jpg

 昨日(5月7日)の昼前、「小惑星NH」は、南の空に虹色の雲を見ました。
 「彩雲」というそうです。
b0076096_1152641.jpg

(小惑星NH)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-08 11:48 | 天体観測室より
クジラが明治維新の立役者であった?
5月7日(土)、南寄りの風が吹く暖かい朝となりました。
厳しく長かった冬の寒さの影響か、今年は夏みかんの花がまだ開花していません。
b0076096_9312342.jpg

萩博物館企画展「萩・北浦のクジラ文化」展のご紹介を続けます。
b0076096_934785.jpg

クジラが明治維新の立役者であった?! ことに触れたコーナーです。
b0076096_9352913.jpg

嘉永6年(1853)、ペリー率いる黒船4隻が、江戸湾入口の浦賀に現れます。
世に言うペリー来航で、この後、日本は幕末維新の動乱の時代を迎えます。
実は、このペリー来航とクジラとの間に、深い関わりがあったのです。
b0076096_9413359.jpg

19世紀のアメリカ捕鯨船の操業を描いた絵画です。
当時の捕鯨方法は、帆船を母船として、これに積み込んだ捕鯨ボートでクジラを追跡し、銛や破裂矢をクジラに打ち込んで捕獲するというものでした。
遠く外国領海にまで出漁操業し、母船においてクジラから鯨油を採っていました。
b0076096_9492265.jpg

18世紀から20世紀初め頃の捕鯨船航海日誌をもとに作成された、マッコウクジラ捕獲位置図(提供:(財)日本鯨類研究所)です。
日本列島の太平洋側に印が集中しています。
小笠原・北海道・ハワイを結ぶ海域には、マッコウクジラが多数生息していました。
その海域は、ジャパングラウンドと呼ばれた大捕鯨漁場で、600隻から700隻の捕鯨船が操業していたという研究があります。
ペリー来航の目的の一つは、この捕鯨船へ物資を補給する港を確保することでした。
b0076096_958983.jpg

同じく、アメリカ捕鯨船の航海日誌から作成したセミクジラ捕獲位置図です。
日本海や北太平洋に印が集中しています。
セミクジラも、マッコウクジラと同様に鯨油が多く得られるクジラでした。
1870年代に石油の採掘・利用が始まるまでは、鯨油が灯火用油や機械潤滑油として用いられていたことから、多数のアメリカ捕鯨船が操業していました。
嘉永7・安政元年(1854)に再度ペリーは来航し、日米和親条約(神奈川条約)が結ばれます。
そして、下田と函館とが開港されます。
なぜ函館が?という素朴な疑問に、これらの図は答えてくれます。
b0076096_10262640.jpg

安政2年(1855)、長崎県平戸沖の的山大島に流れ寄ったナガスクジラの図(松浦史料博物館蔵)です。
アメリカ捕鯨船の銛がクジラの体に刺さっていたこと、また銛の先端部分にS.CARAVANという船名やJ.Tというイニシャルが刻まれていたことが記録されています。
幕末期の日本海におけるアメリカ捕鯨船活動を示す資料です。
b0076096_10463097.jpg

ちなみに、吉田松陰がペリー艦隊の旗艦ポーハタン号に乗付けて密航を企てたのは、嘉永7・安政元年(1854)3月27日のことです。
艦隊は、和親条約の細則を定める交渉で、下田沖に停泊していました。
b0076096_10502837.jpg

鯨油を用いたキャンドル・精密機械油・クリーム・洗剤や、クジラヒゲを用いた女性用コルセット・パラソルなどです。
クジラはこれらの製品の原料であり、クジラから採れる鯨油は、一時期、アメリカの近代化を支えたました。
日本近海におけるアメリカ捕鯨船の大挙操業は、巡り巡って日本に開国を促すこととなり、明治維新のきっかけの一つとなりました。
極端な見方かもしれませんが、その意味で、日本近海に多数生息したクジラは、明治維新の立役者であったと言えるのかもしれません。

萩博物館企画展「萩・北浦のクジラ文化」展は、6月19日(日)まで開催しています。
期間中、ギャラリートークも開催致します。
本日5月7日(土)、5月21日(土)、6月4日(土)の、いずれも14:00から約1時間の予定です。
よろしければ、お運び下さいますようご案内致します。 

・・・ということで、続く  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-07 11:14 | くらしのやかたより
随想 吉田稔麿(14)
岡山藩と栄太郎
 万延元年(一八六〇)十月、兵庫警護中に突じょ脱藩した吉田栄太郎(のち稔麿)は山陰各地、下関、上関などを転々としたのち、備前岡山に赴いた。岡山藩池田家は外様で、石高は三十一万五千石。栄太郎は文久元年(一八六一)二月ころまで、ひと月かふた月くらいは、この地で生活したと考えられる。
 それから栄太郎は近畿地方を経て江戸に向かった。江戸到着は三月十五日で、岩間水之丞と変名して岡山藩邸(備前屋敷)に潜伏する。同行者は岡元太郎の父だ。この岡という人物の経歴が、なかなか興味深い。
 岡は岡山藩士といっても、藩主池田家に直接仕えてはないない。藩の重役土肥典膳の家来、陪臣である。同志と共に文久三年二月には京都で足利三将軍木像の首を晒し、元治元年七月には岡山に入った新選組の密偵を暗殺したりした。こうして幕府から追われる身になった岡は、長州藩士渡辺玄包の京都宅に匿われる。しかし慶応元年(一八六五)二月、土佐浪士三名と遊説中に農民とトラブルになり、美作土居で自刃。三十歳。
 なぜ、岡山藩はここまで長州の栄太郎とかかわったのか。
 実は、この藩には長州藩と気脈を通じようとする、過激な勤王派、攘夷派が存在していたようなのだ。その中心人物のひとりが、岡が仕えた番頭(ばんがしら)の土肥典膳である。
 文久二年、第八代岡山藩主池田慶政は天皇から上洛の命を受けたにもかかわらず、病気を口実に動かなかった。そのさい土肥らのグループは藩主の意を無視して上洛し、国事周旋方として活動する。
 さらに土肥らは慶政の態度が優柔不断だと非難し、藩の将来のため隠居せよと訴えた。さらに土肥は土倉淡路(家老)・日置猪右衛門(家老)と共に、次の藩主として、長州藩毛利家から養子を迎えるべきだと主張する。他に薩摩藩島津家・土佐藩山内家からとする派もあり、激しく対立した。その結果、文久三年二月に慶政が隠居させられ、水戸藩より九郎麿(慶喜の弟)が迎えられ、元服して第九代藩主池田茂政(もちまさ)となる(荒木祐臣『備前藩幕末維新史談』)。
 天皇の意向に従わないからと、家臣が殿様をクビにするのだ。以前なら考えられぬことである。そして、それを可能にしたのは、藩の枠を越えた横のつながりだった。長州と水戸や薩摩の提携はよく知られるが、岡山との関係もまた、栄太郎によって水面下で築かれつつあったのかも知れない。
 岡山藩邸で約ひと月潜伏した後、栄太郎は大塚にあった幕臣柴田東五郎(薩摩出身)の屋敷に移ってゆく。(一坂太郎)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-06 18:27 | 高杉晋作資料室より
萩博物館企画展「萩・北浦のクジラ文化」展が始まりました。
萩博物館企画展「萩・北浦のクジラ文化」展が始まりました。
b0076096_8173789.jpg

皆さん、大変ご無沙汰を致し失礼しております。
久々に萩博ブログに書き込みます。
昨年12月から開催していた「なつかしい日本のふるさと・萩」展に引続き、連続の担当です。
公私ともに暴風圏を航行するような(といって、経験はありませんので、多分)毎日を過ごしておりました。
ようやく企画展開催に漕ぎつけました。
b0076096_8224474.jpg

今回の企画展ポスター・チラシのデザインは、なかなかの評判です。
特に、このクジラの目が、可愛いとかいやらしいとか邪悪?とか・・・何かと話題になっています。
クジラを通して萩・北浦地域の歴史文化を見ていこうという企画展示です。
お運びをお待ち申しております。
b0076096_83402.jpg

エントランスから展示室へと続く回廊です。
先ず、体長6メートルのミンククジラがお出迎えです。
河合晴義さんの大変に質感のあるイラストです。
b0076096_8364295.jpg

ミンククジラは、昔から萩・北浦地域に寄り来ていました。
江戸時代・明治時代の記録に、その名前は登場しません。
しかし、小型のヒゲクジラ、例えばナガスクジラの子どもなどとして分類されていたようです。
旧制萩中学校の博物教師であった田中市郎さんは、萩地域に寄り来たコイワシクジラについて幾度か記録しています。
昭和に入ってからは、ミンククジラをコイワシクジラと呼んでいたようです。
b0076096_844834.jpg

企画展の導入として、6メートルに及ぶミンククジラを展示したのは理由があります。
上の展示パネルをご覧下さい
昭和初年、1930年ころに、萩地域にミンククジラが寄り来ていたことを示すビジュアル資料です。
今回、浜崎の海産物加工商店にこの写真が保管されていることが分かり、お借りしてパネルにしました。
大変鮮明な写真で、ヒレの白い帯や尖った口の形状など、ミンククジラの特徴を確認できます。
体長は約6メートル、撮影場所は浜崎の魚市場です。
b0076096_1031279.jpg

そして今回の企画展示、体長約8メートルのミンククジラ全身骨格標本に接することができます。
萩地域にも寄り来ていた、そして先々週にも!より来た(らしい、越ヶ浜に)ミンククジラです。
ヒゲクジラとしては小型ですが、その大きさを体感できます。
・・・ということで、企画展示のご紹介は続きます。    (清水)
[PR]
by hagihaku | 2011-05-06 10:13 | くらしのやかたより