<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
金星の太陽面通過!萩ではこんなにきれいに!!
b0076096_18175169.jpg


おとといのこと、萩博物館では絶好の環境のもとに、話題をさらった「金星の太陽面通過」の観望会が開催されました。

毎週日曜、仮面ライダーフォーゼを欠かさずに見ているわたくしとしては、なんとしてもこの世紀の天体ショーを見たいと気合をいれ、観望室に3度もかけあがり、望遠鏡を覗き込みました。

「う~む、どれどれ」と覗いてみると、見える、たしかに見える。ものすごくくっきりと、まん丸な太陽のなかにちっちゃいまん丸の金星が見えたのです。

そこでお昼休みの12時半ごろ、デジカメをレンズに近づけ、撮影を試みました。それがアップした画像です。皆さんも、もう105年後にしかこの現象が見られないなどと言われたら、是が非でも見たいと思われませんでしたか?

わたくしは、フォーゼの合言葉「宇宙きたぁ!」さながらの状態でしばしわれを忘れ、仕事も忘れそうなぐらいでした。


いやいや、そんな馬鹿なことをいっている場合ではありません。秋の特別展までもう3ヵ月しかないのです!

特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」の準備はだいぶ具体化しており、ポスターやチラシも7月初旬にはできあがると思います。


そしてそして、仮面ライダーに話題がおよんだついでといっては誠に恐縮ですが、弊館エントランスホールではなんと、われらなつかしのテーマ展を開催しております。

特大「マジンガーZ」、特大「バトルフィーバーJロボ」、ソフビ人形「アカレンジャー」、超合金「ボルテスⅤ」、超合金「ダイターン3」などなど、これもわれを忘れてしまいそうなオモチャが出まくりの状態です。いまやアラフォーとなってしまった、昭和50年代のこどもたちの写真が雰囲気を醸し出してくれています。

さぁ、お父さんたち、これらのオモチャを前にして、わが子に熱く語っちゃってください!

[PR]
by hagihaku | 2012-06-08 18:35 | 歴史資料調査室より
「危険生物」到来!スッポン騒動
b0076096_9391493.jpg5月31日の午後、萩博物館でスタッフが何やらカメを一生懸命あつかっていました。
b0076096_9412497.jpgこっ、これは・・・スッポンではありませんか!
b0076096_9415767.jpg実は、萩市在住の橋本さんが阿武川で捕獲されたもの。甲羅の長さ30cmもある大物です。
今年の萩博物館の夏の特別展「最恐!危険生物アドベンチャー」情報を耳にして、持ちこんでくださったのです。

私も料理屋の水槽に飼われているスッポンは見たことがありますが、野生のスッポンは初めてです。
b0076096_9431974.jpgカメのなかまなので動きが遅いと思いきや、走るのはとても速く、爪も長くて鋭く危険です。

さらに、スッポンといえば「かみつき」技が最も有名で強力な武器です。
歯は一枚につながった鋭いナイフのようで、首も写真のように長く伸びます。指でもかまれると大ケガをすることまちがいありません。
b0076096_9454156.jpgいつの間にか、人だかりができましたが、博物館のスタッフは職員は学芸員であろうが事務員であろうが、まずは好奇心が大事ですよね。
このスッポンは入念な写真撮影の後、所有者の方に返却されました。

萩博物館特別展「最恐!危険生物アドベンチャー~海と山のアブナイ生きものたち~」は、7月7日からはじまります。

(椋木)

[PR]
by hagihaku | 2012-06-04 09:47 | いきもの研究室より
イベントのご案内
萩博物館でも、企画展示にあわせイベントを開催してます。

まずは、現在開催中の企画展「「志士」と「元勲」の書」のギャラリートーク。
こちらは以前ブログでご紹介いたしましたが、広報チラシでは5月27日が最終日でした。
ただ、大変好評につき、6月開催予定の問い合わせをいただき、急遽2回開催することとなりました。
6月9日(土)、23日(土)14時から、展示を担当した一坂太郎特別学芸員が解説します。
b0076096_12221240.jpg


ついで、次回7月7日(土)から開催する特別展「最恐!危険生物アドベンチャー」。
ようやくポスター・チラシの印刷準備が整い、来週にはお手元にお届けできる運びとなりました。
こちらはプレイベントとして、6月20日(水)9時30分~13時、萩市中央公民館実習室にて、
「危険でおいしいあのグルメ食材を絶品料理に」と題し、萩市内で「食」をテーマにさまざまな活動をしておられるNPO萩・元気食の会と一緒に料理教室を実施します。
萩市報6月1日号で募集していますが、はやくも定員の1/3の応募が。
市内有名店の板長直々のご指導の下、フカの湯引き、スッポンの茶碗蒸し、アカエイの煮付け、ふぐ雑炊を作ります。
参加費(1500円)、持参物は、エプロン、三角巾、マイ包丁です。
参加希望の方は、萩博物館(電話0838-25-6447)まで、ご連絡ください。
6月15日までの申し込みとしていますが、定員になり次第、締め切ります。

そして3つめ。
萩博物館には天体観望室がありますが、そちらを会場としたイベントです。
6月6日(水)は21世紀最後の「金星の太陽面通過」が見られます。
先日5月21日には「金環日食」(萩市では部分日食)が見られ、話題となりました。
日食の場合は、太陽と地球の間に「月」が入り、太陽の光を遮る現象です。
今回は太陽と地球の間に「金星」が入ることで、太陽面を金星が横切る様子が見られます。
午前7時過ぎに金星が太陽面を横切り始め、約6時間半をかけて通過し、午後2時前には出て行ってしまいます。
日食グラスをお持ちであれば、5月21日の日食の際と同様に確認することもできますが、博物館では、太陽望遠鏡を用いての観望会を開催します。
b0076096_12294360.jpg

開館時間である午前9時~午後2時まで、天体観望室において、天文指導員の解説でごらんいただけます。
近隣の中学校からも観望に来られますが、どなたでも参加できます。
午後2時前には通り抜けてしまいますから、なるべくお早めに、遅くとも1時30分より前においでになることをお勧めいたします。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-06-03 12:30 | 事務局より