<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
9月26日本日から、高杉晋作所用の甲冑、一般公開
9月13日、萩市内の方から寄贈を受けた「高杉晋作所用の甲冑」について、9月25日に報道機関への公開のあと、本日9月26日から高杉晋作資料室にて、一般公開が始まりました。

昨日の記者会見では、萩市長挨拶のあと、高杉晋作資料室長である一坂太郎特別学芸員が解説を行いました。
b0076096_10542647.jpg

b0076096_10553442.jpg

b0076096_10563143.jpg


そして、夕刻閉館後に、展示。
b0076096_110974.jpg

b0076096_1102865.jpg

下記キャプションが添えられています。

高杉晋作着用の甲冑
萩博物館蔵(大谷和雄氏寄贈)

文久3年(1863)3月、京都で剃髪して「東行」と号したさい、藩重役の周布政之助から贈られた、実戦向きのシンプルな畳具足(重量は全部で約7キログラム)。同年6月、奇兵隊を結成したさい、馬関(下関)の陣中で着用していたことが史料「馬関攘夷従軍筆記」から分かる。奇兵隊といえば近代的な軍隊というイメージが強いが、当初はこのような旧時代のものも使っていたのだ。奇兵隊総督を辞した晋作は政務座の仕事に専念するようになり、同年11月、周布に返却された。いまから150年前の夏、晋作の汗をたっぷり吸い込んだと思われる甲冑である。

甲冑の裏布
萩博物館蔵(大谷和雄氏寄贈)

高杉晋作が周布政之助から贈られた甲冑の裏布部分(もとは胴部分の内側に張られていたが、旧蔵者がはずしたもの)。周布から晋作に贈られ、また周布に返されて、その子昌三郎に譲られた経緯が記されており興味深い。晋作はこの甲冑を着て「関東」で「勤王の戦」を起こして死ぬのだと述べている。幕府との戦いを決意し、「東行」と号していたことがうかがえる。
「西海一狂生東行高杉春風」(晋作筆)
「長州 周布政之助藤原兼翼」(周布筆)
「予断髪将東趣関東、政之助以此甲冑贈予、々即欲着此以討死於 勤王之戦也、東行自題」(晋作筆)
「後東行此還附政之助、政之助譲与其子昌三郎」(周布筆)

奇兵隊結成150年…その「時」を見た貴重な史料です。
ぜひ、ご覧ください。(I)
[PR]
by hagihaku | 2013-09-26 11:05 | 展示のご案内
企画展『日本南画界の重鎮・松林桂月』、始まりました
平成25年度、萩博物館では5つの特別展・企画展を開催予定です。
昨日、3つ目の企画・特別展示にあたる、松林桂月翁没後50年記念企画展『日本南画界の重鎮・松林桂月』が開幕しました。
一昨日20日金曜日午後3時から、一般公開に先立ってオープニングセレモニーを開催。
桂月翁の御高孫や、桂月翁が上京し、画家を志すにあたっての大恩人である瀧口吉良翁の御高孫をお迎えし、約70名近い方々にご参加いただきました。

b0076096_15322345.jpg
市長挨拶、来賓挨拶の後、テープカット。
b0076096_15325486.jpg

引き続き、内覧会へ。
b0076096_15325614.jpg

前期38点、後期38点、うち15点の絵画作品は入れ替えます。
桂月翁・吉良翁の御子孫の方からご提供いただいた秘蔵の写真で構成した『アルバム』や、出身校である萩市立白水小学校に残っていた録音テープを編集した『桂月翁の声』…

桂月翁の作品と人となりのわかる展覧会、桂月の「生誕の地、萩への想い」が伝わってくることでしょう。(I)
[PR]
by hagihaku | 2013-09-22 15:34 | 事務局より
「トレジャーアニマル探究クイズ」第9期(最終週)の当選者発表!
先日、無事に特別展「トレジャーアニマル探求記」が閉幕し、萩博物館は展示の撤収や燻蒸などを経て秋の展示会の準備にとりかかっているところです。

さて、終了した「トレジャーアニマル探求記」展にて併催してきた「トレジャーアニマル探究クイズ」第8週(最終週:9月2日~6日)の正解者の方々の中からの抽選結果が出ましたので発表します。
基本的に当選者は週ごとに10名としていましたが、この週は最終回ということで特別に当選者を17名に拡大

当選者は次のとおりです。(イニシャルを名前、姓名の順で記しています。)

A.O.さん(東京都)
H.I.さん(萩市)
K.N.さん(周南市)
K.T.さん(山口市)
M.K.さん(山陽小野田市)
M.I.さん(萩市)
M.I.さん(山口市)
M.T.さん(東京都)
N.K.さん(島根県)
R.K.さん(熊本県)
R.T.さん(萩市)
S.H.さん(長門市)
S.I.さん(萩市)
T.S.さん(萩市)
Y.N.さん(萩市)
Y.N.さん(東京都)
Y.Y.さん(山口市)


心当たりのある方々・・・賞品の缶バッジを近日発送しますので、お楽しみに!

これで今夏のクロスワードクイズは終了となります。
萩博物館の夏の展示会では毎回、このようなクロスワードクイズを開催し、近年は挑戦者は5,000人を超えることがあるほどの人気となっています。

萩博物館の来夏の特別展のテーマについては決まりましたら改めてご連絡しますが、このようなクロスワードクイズはまた開催する予定です。
来夏もぜひ萩博物館のクロスワードクイズに挑戦していろいろな種類の缶バッジをゲットしてください!


[PR]
by hagihaku | 2013-09-13 09:11 | 催し物のご案内
萩博物館特別展「トレジャーアニマル探究記」、閉幕
65日間にわたって開催してきた萩博物館の特別展「トレジャーアニマル探究記」が9/8(日)、ついに閉幕しました。
会期中の総来場者数は40,418人
大勢のみなさまのご来場ありがとうございました。

閉幕日の9/8は、この展示会のフィナーレ企画として、萩市集中豪雨災害支援チャリティーイベント「秘蔵のトレジャーアニマル ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!」の最終回も開催。
約束通り、会場には「トレジャーアニマル探究記」展のキャラクターたちも登場!


b0076096_9261477.jpg
チャリティーイベントの前座をおこなう、エスカルゴーン3世(左上)。

「トレジャーアニマル探求記」本体のプロローグ映像をご覧になっていない方は、突如あらわれた奇抜な人物に驚かれたかもしれません。

しかし、どんな空気にもめげることなく、大勢のお客さんが来場するとスッとポジションにつき、おだやかに、けれども思いをこめて、紹介映像を流したり、イベントの趣旨や見どころを語っていました。
b0076096_9274628.jpg
ダイオウイカのゾーンでは、ハーゲン=フンバルト伯爵が奮戦(中央やや左の奥)。

今話題のダイオウイカがイカに神秘的で興味深い生きものか、この個体がどこでどうやって見つかったものか等、さまざまなエピソードを交えて熱く熱弁!

最終日ということもあって気合いを入れて立ち回ったため、伯爵の衣装はどんどん乱れていきます。が、当の本人は気づいているのか気づいていないのか、おかまいなし!
伯爵のすべてをかけてお・も・て・な・し
b0076096_9283389.jpg
そしてリュウグウノツカイのゾーンでは、トレッジャーノ伝道師が(中央奥)。

おもむろに「私がトレッッッッジャーノ伝道師です」と挨拶した後、参加者のみなさんを貴重なリュウグウノツカイタッチングへ誘っていました。

リュウグウノツカイの撮影だけでなく、トレッジャーノ伝道師との記念撮影を求める方も。

こうして千客万来で和気あいあい、大盛況に終わりました。この日のイベント会場の参加者は934人!
このイベントは8/24(土)、8/31(土)、9/7(土)、9/8(日)の合計4回ほど開催しましたが、それら合計の参加者数はなんと計2,817人
萩博物館の自然科学系イベントとしては空前の数字です。

参加者の方々からの萩市集中豪雨災害支援の義援金は252,672円にものぼりました。大勢のみなさまのご参加と義援金へのご協力、ありがとうございました。


b0076096_9302537.jpg夕方5時前、最後の来館者を見送る3人。

このころになると、ハーゲン=フンバルト伯爵(左)の衣装はさらにさらに乱れ、もともとどんな姿だったのかわからない状態に。

・・・が、みなさまへの感謝の気持ちをこめて、最後のお客さまのご退館を見届けていました。

さて皆様、今夏の萩博物館の特別展「トレジャーアニマル探究記」はいかがでしたでしょうか。
現在、萩博物館では展示の撤収や次の秋の企画展の準備を進めつつ、「トレジャーアニマル探求記」展の来場者の方々からのアンケートの集計を進めています。
近いうち、この展示に対する私の感想も織り交ぜて、この萩博ブログでご報告したいと思います。

本日はまずは閉幕のご報告と御礼まで。
大勢の皆様からご来場やご協力をいただきましたことを、重ねて厚く御礼申し上げます。

[PR]
by hagihaku | 2013-09-10 09:31 | 展示のご案内
9/8(日)、いよいよトレジャーアニマル展とダイオウイカ&リュウグウノツカイのイベントは最終日
9月7日(土)、萩博物館特別展「トレジャーアニマル探求記」は残すところ2日となりました。

b0076096_18255991.jpg萩は朝から雨が降り続いていましたが、
本展の関連企画、萩市集中豪雨災害支援チャリティーイベント「秘蔵のトレジャーアニマル ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!」は朝からとてつもなく大盛況!
b0076096_1826343.jpg中には、このイベントの開催を知ってわざわざ四国から駆けつけてくださった方も。
ダイオウイカとリュウグウノツカイはこれほどにも人気があるのかと改めて驚き感嘆したほどです。

このイベントの参加者は予想をはるかに上回り、今日9/7だけで1,170人! 義援金は88.517円にもなりました。
大勢の方々のご参加ありがとうございました。また、このイベント開催のため、先日より多くの機関・団体・個人の方々に広報・告知にご協力いただきました。厚く御礼申し上げます。

先日からお知らせしていますように、このチャリティーイベントは、明日9/8(日)にも追加開催することとなっています。

b0076096_1830813.jpgb0076096_1830435.jpgなお、明日は「トレジャーアニマル探求記」展の閉幕・最終日。
閉幕まぎわの2日間のどちらかの日に登場するとお約束しておりましたこの3人・・・
トレッジャーノ伝道師
エスカルゴーン3世
ハーゲン=フンバルト伯爵
・・・が本当に登場します!

上記のチャリティーイベントの会場に登場しますので、お楽しみに!


b0076096_18354756.jpg本展(トレジャーアニマル展)の会場には、先日の来場者数3万人を突破してさまざまな追加展示をほどこしております。

これは世界のコレクター垂涎の貝コレクション。
展示担当者の私も、ぜひ見ていただきたい逸品の数々ですので、最後の力を振り絞ってこの上なくゴージャス&オシャレに展示してみました。
「海の宝石」「自然の芸術品」という言葉がふさわしいトレジャーアニマルたちをじっくり眺めてご堪能ください。

明日9/8(日)、萩博物館特別展「トレジャーアニマル探求記」の最終日、そしてチャリティーイベント「ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!」の最終回を、みなさまと共に過ごすことができるのを楽しみにしております。


[PR]
by hagihaku | 2013-09-07 18:42 | 催し物のご案内
前回8/31のチャリティーイベントの様子
先日から、続けて萩市集中豪雨災害支援チャリティーイベント(ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!)のお知らせをしていますが、前週8/31(日)の回の様子を少しご紹介したいと思います。

b0076096_8264570.jpgこの日は、前々回の8/24(日)と同じように朝から大雨。

数日前から警戒していた台風15号が温帯低気圧に変わったとはいえ、前線の影響でたいへんな雨。

萩博物館の中庭には、屋根から伝ってきた雨水が滝のように地面にたたきつけています。
大雨洪水警報が発令され、萩博のスタッフもNPO萩まち博のスタッフも、この日に来場してくださる方はほとんどいないのでは?と覚悟していました。
b0076096_8295027.jpgところが・・・

昼前ごろになると、チャリティーイベント会場の講座室の前には、参加希望者のみなさんの列が。
話題絶頂のダイオウイカとまぼろしの珍魚リュウグウノツカイとの対面を今か今かと待ちわびておられます。

イベントの流れは、① 約5分の紹介映像、②ダイオウイカ標本との対面、③リュウグウノツカイ標本との対面・・・の3段階方式で、順々に約20名様ずつご案内する形式になっています(トータルで15~20分)。

やがてスタッフから声がかかり、紹介映像を見た参加者のみなさんは・・・

b0076096_8371718.jpg念願のダイオウイカ標本とご対面!

参加者によっては、「ダイオウイカの餌はなに?」「食べたらおいしい?」「最大で何メートルになるの?」・・・など、次々と質問が。

会場スタッフも前々週の1回目(8/24)は初めていということで少し戸惑っていましたが、このたびからは想定問答集をちゃんと用意しているので、「はい、それはですね~・・・」と答えたり雑談したり。ダイオウイカを囲んで和やかな交流が交わされるという珍風景が展開。

さて、ダイオウイカとの対面を満喫した参加者の方々が次に向かったのは・・・
b0076096_8415261.jpgまぼろしの珍魚・リュウグウノツカイ標本が鎮座するゾーンです。

全長4m弱ありますから、やはりその迫力は多くの人々を感嘆させます。参加者の方々から「おおお~っ」と歓声があがります。

ダイオウイカは標本がもろいのでタッチングはご遠慮いただいていますが、リュウグウノツカイは特別に、スタッフの指示にしたがってやさしくさわることもOK!

写真で見ると表面がツヤツヤしているイメージがありますが、さわってみて初めてわかる、想定外というか意外な感触。この感触は、参加してみない限りわかりません。この有名な珍魚の感触を実感し脳にインプットできるのは人生に一度あるかないかぐらいの激レアなチャンスですので、あなたも次回9/7・9/8の部にぜひご参加を。

b0076096_8473623.jpg
混雑時はこうしたショットは難しいですが、終わりの方のすいた時間帯に来られ、リュウグウノツカイと子どもたちが並んだショットを撮るため頑張っておられるお父さん。

あまりの長体なので、カメラに収めるのは一苦労!?
b0076096_8481285.jpg標本の下処理には万全を期してはいますが、標本をさわった後は必ずよく手を洗ってください。

標本には、間近で観察してこそ、直にその手で触ってこそ得ることのできるかけがえのない貴重な情報がぎっしり詰まっています。

このチャリティーイベントは次回は9/7(土)と9/8(日)、これで最後になります。
9/8(日)で閉幕の萩博物館特別展「トレジャーアニマル探求記」の見納めとあわせて、今週末は巨大生物とのご対面を!

イベントの参加方法などくわしいことはこちら
http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/1307treasure/event.htm#kinkyuu

[PR]
by hagihaku | 2013-09-05 08:51 | 催し物のご案内
展示担当者お気に入りの展示物 ― ユウゼン@萩博物館
博物館で働いて何年にもわたっていろいろな展示を担当すると、展示会ごとに個人的にお気に入りの展示物があるのに自分自身気づきます。

私(堀)は椋木専門員とともに萩博物館の夏の自然系展示会を担当してきましたが、思い起こせばそれぞれお気に入りの展示物があったなぁ~と懐かしく思います。

萩博物館で約2か月にわたって開催してきた特別展「トレジャーアニマル探求記」もあと5日、9/8(日)で閉幕となります。

展示会期も終わりが迫った今、ご来場くださるのはリピーターの方が多いと思いますので、こっそりと私お気に入りの展示物をご紹介しましょう。

b0076096_153258.jpg
ゴージャスでオシャレな雰囲気のトレジャーアニマル展の会場。

この会場の一角に、青白く照らされた水槽がひとつあります(写真左)。
そう、このたびの展示会は、博物館の展示としてはちょっと珍しく、水槽で海水魚を飼育展示しています。

この水槽には3匹いますが、そのうちの1匹が私のお気に入り
b0076096_15241791.jpg長さ8cmぐらいのその魚・・・その名はユウゼン

全世界で、あの世界自然遺産の小笠原諸島の海と、その北につながる伊豆諸島、それに少し遠く離れて沖縄の一部の海にしかいないという、世界的な地域限定魚

チョウチョウウオという華やかなトロピカルな魚のなかまですが、いくつもある種類の中で、このユウゼンだけはシックな黒に日本の伝統的な「友禅染め」を思わせる白銀のさざれ模様。

外国では「ブラックシルクバタフライフィッシュ」(=黒い絹のようなチョウチョウウオ)というゴージャス&優雅な名前で呼ばれています。
b0076096_15285384.jpg世界自然遺産の海で、しかもスキューバダイビングで見られる魚ですから、特別な許可なく一般的に採集して飼育することはできません。
そのため、世界のアクアリスト(水槽で魚を飼育する趣味をもつ人々)にとって、垂涎の的となっています。

水族館でも、スカイツリーのすみだ水族館(以前は飼育されていたが今はいないと聞いています)、美ら海水族館といった ごくわずかの水族館でしか飼育展示されていないと聞きます。
あとは小笠原諸島や伊豆諸島で潜水するダイバーだけが目にすることのできる世界。

そんな高嶺の花のようなレアな魚ですから、よほど性質も優雅でデリケートだろう
と思いきや・・・

毎朝、餌やりのために私や当館のスタッフが水槽に近づくと、岩の陰から大慌てで前の方に出てきます。
そして、餌をくれくれくれ~!と言わんばかりに水槽の前面のガラスのあたりをキョロキョロ、チョロチョロと縦横無尽に泳ぎ回っては こちらに視線を送ってアピール!
b0076096_15372811.jpgこの水槽には同居人がおり、ボスは、大人の手のひらサイズもあるタテジマキンチャクダイ(写真左)。

ときどき、このボスのタテジマキンチャクダイボスにうっとうしがられ、小突かれたり、少し追いかけたれたりします。
しかし、ユウゼンはそんなボスの叱咤をものともせずヒラリと交わし、たくましく、そして忙しく餌をせっせとついばみます。

ボスも根に持たない性格のため、ふと見ると、ふたり仲良く並んで餌をせっせと突いたり、逆にユウゼンに餌をうばわれたり・・・
何だかコントをやっているお笑いコンビを見ているようで、実に微笑ましい光景です。

レアで優雅な魚が、性格まで優雅とは限らないことを、このユウゼンは身をもって教えてくれます。

このたびの展示会のキーワード・・・「めずらしい」「優雅」「ゴージャス」・・・どれもみな、必ずしもそのものの本質をあらわしているとは限らず、かなり人間のフィーリングだったりするのですね。

閉幕まで5日と迫った「トレジャーアニマル探求記」展。
再来場の方、初めて来場される方・・・ぜひこの水槽の前にたたずんで、本展の隠されたメッセージを魚たちから受け取ってください。


[PR]
by hagihaku | 2013-09-04 15:52 | 展示のご案内
「ダイオウイカ&リュウグウノツカイとの大接近」、9/7と9/8にチャンス拡大!
昨日の萩博ブログで重大発表しましたとおり、

萩市集中豪雨災害支援チャリティーイベント
秘蔵のトレジャーアニマル
ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!

は、当初は9/7(土)だけで終了の予定でしたが、9/8(日)にも開催することになりました!
※ 開催時間や参加方法などの詳細はこちらをご確認ください

約2か月にわたって開催してきた特別展「トレジャーアニマル探求記」も、この9/8(日)で閉幕となります。
会場には未公開だった貴重な標本も追加展示していますので、9/7(土)と9/8(日)は、この展示のフィナーレ&クライマックスをぜひあわせてお楽しみください。

本展のフィナーレ&クライマックスというからには・・・
あの3人が登場します!

b0076096_954892.jpgあの3人とは・・・
いきものがかりでもPerfumeでも三銃士でもありません。
そう、「トレジャーアニマル探求記」展のプロローグ映像に登場しているこの3人組

プロローグ映像(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=h9MGPzuuQsk&feature=youtu.be 

トレッジャーノ伝道師(中央)、エスカルゴーン3世(左)、ハーゲン・フンバルト伯爵(右)!

ときたま、来場者アンケートに「映像に出ている俳優の演技がヘタ。もうちょっときちんとした役者を使うべき」と辛口意見をいただくことがありますが・・・

すみません、この人たちは俳優やプロの役者ではなく、本職は 萩博物館の職員です。

とっくにバレてご存じの方も多いかもしれませんが、一応、民族学担当の統括学芸員、海洋生物学担当の主任研究員、昆虫担当の専門員となっております。
日ごろは眉間にシワを入れて漁具や民具を調査したり、網をふりまわして生物を採集したり標本をつくったり・・・黙々と学芸業務をやっておりますので、いきなり展示映像などに出演すると、声が裏返ったり、モジモジしたりします。

・・・と、このようにいわくのある3人組ではありますが、9/7(土)か9/8(日)のどちらかに、「ダイオウイカ&リュウグウノツカイと大接近!」の会場(萩博物館講座室あたり)に必ず姿をあらわします

両日とも登場したらいいのに!と言われるかもしれませんが、
すみません、この3人はいつもこの姿でこれを生業としているわけではなく、日頃は上記のような別の仕事をしており、それはそれで業務がビッシリでございますので、これから一生懸命 調整しどちらか1日のみの登場とさせていただきます。9/7(土)と9/8(日)のどちらの日に登場するかはお楽しみ!

b0076096_936427.jpgそれではみなさん、9/7(土)と9/8(日)はまぼろしの深海生物ダイオウイカ・リュウグウノツカイ標本との対面をじっくりお楽しみください。
b0076096_9365681.jpgそして、どちらかの日には・・・彼らキャラクターたちとご対面を!

「トレジャーアニマル探求記」展はいよいよフィナーレ&クライマックス。今週末のラストチャンスをお見逃しなく!


[PR]
by hagihaku | 2013-09-03 12:00 | 催し物のご案内
萩博物館「トレジャーアニマル探求記」は9/8まで休みなしで開催!
夏休みが終わって一夜明けた萩博物館。
今日は比較的静かな一日でしたが、萩博物館で開催中の特別展「トレジャーアニマル探求記」9月8日(日)まで休みなしで開催しています。

「夏の展示会」というと夏休みと同時に終わってしまうのだと思いこんで「ああ~行きそびれた~」と来館をあきらめる方がおられるようですが、チャンスを逃した方や再来場をお望みの方のため夏休みが終わってからも もう1週間ほど開催していますので、このチャンスをお見逃しなく!

この先、閉幕までの貴重な1週間を有意義に過ごしていただくため、ひとつ重大発表があります!

それは、先日からお知らせしている萩市集中豪雨災害支援チャリティーイベント「秘蔵のトレジャーアニマル・ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!」に関すること。
http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/1307treasure/event.htm#kinkyuu
http://hagihaku.exblog.jp/20872516/

このイベントは、当初は9/7(土)で終了の予定としていました。
しかし、すでにこのイベントを2回ほど土曜日(8/24・8/31)に開催しましたが、いずれも豪雨や台風とバッティング。参加を望みながらも外出できず、機を逃したという方々がおられたようです。

また、土曜日はどうしても仕事などのため都合がつかず、日曜日でないと外出できないという方々もかなりおられるとの話を聞きました。

そんな中、次の台風が接近するかもしれないとの予報が出ています。

そこで、NPO萩まちじゅう博物館と萩博物館は一肌脱ぐことにしました。
発表します!

この「ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!」を9/7(土)だけでなく、9/8(日)にも開催します!!

詳細は、明日の当・萩博ブログで!


[PR]
by hagihaku | 2013-09-02 18:34 | 催し物のご案内
「トレジャーアニマル探究クイズ」第7期の当選者発表!
夏休みが終わりましたが、萩博物館特別展「トレジャーアニマル探求記」はあと1週間、9月8日(日)まで休みなしで開催しています。

さて、この展示の会場で土日祝と盆期間以外に開催してきた「トレジャーアニマル探究クイズ」も、今週末の平日だけで終了となります。

先週末の第7期(8月26~30日)にこのクイズに挑戦された方々の中からの抽選結果が出ましたので発表します。
当選者は次のとおり。(イニシャルを名前、姓名の順で記しています。)

A.H.さん (山口市)
E.K.さん (千葉県)
H.I.さん  (神奈川県)
H.M.さん (山口市)
K.N.さん (長崎県)
N.O.さん (萩市)
R.O.さん (宇部市)
T.O.さん (山口市)
Y.O.さん (下松市)
Y.Y.さん (萩市)


当たりのある方々・・・賞品の缶バッジを近日発送しますので、お楽しみに!
上にも書きましたように、「トレジャーアニマル探求記」展は9/8(日)まで開催していますが、この関連企画「トレジャーアニマル探究クイズ」は平日限定ですので9/6(金)で終了となります。

クイズに挑戦できるチャンスはあと5日!
ふるってご参加ください!


[PR]
by hagihaku | 2013-09-02 14:48 | 催し物のご案内