<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「昆虫トレインツアー」(7/26むつみコース)のようす①
以前から当・萩博ブログをにぎわしておりました「昆虫トレインツアー」の第1回(むつみコース)が昨日7/26におこなわれました。

参加者のみなさま、たいへんお疲れさまでした。また、貴重な夏休みの1日に当ツアーを選び、ご参加くださりましたことを厚く御礼申し上げます。

昨日のツアーのようすをダイジェストで、数回シリーズでご紹介したいと思います。

b0076096_1512435.jpg
「昆虫トレインツアー」第1回の参加者は、一般募集44名、復興特別招待20名の計64名。
一般募集には定員の2.7倍にものぼる118名もの方々が応募され、応募多数のため抽選となりました。

ツアー最初の集合場所・萩博物館には、当日朝9時から1時間も経たない間に、一般募集で当選された44名の方がきっちりご来館!
参加者のみなさん、かなり期待をもって早くから当館に向かわれたようですね。
実は、一般参加者のみなさんの出身地は県内全域そして島根県西部にまで広がっています。

萩市5名(2組)、長門市2名(1組)、下関市3名(1組)、宇部市5名(2組)、山口市10名(5組)、防府市2名(1組)、周南市13名(4組)、岩国市2名(1組)、島根県益田市2名(1組)。

年齢もさまざまで、最年少8歳、最年長73歳。ほぼ、家族や知人グループの方々でした。 

b0076096_15165293.jpg
当ツアーは、昨夏の豪雨災害で被害を受けた萩市東部の須佐・田万川地域の子どもたちに楽しい夏休みを取り戻していただく災害復興行事でもあります。

この日に特別招待を受けた須佐地域の育英小学校7名・弥富小学校11名の児童のみなさんや、須佐公民館からの2名の引率の方もご来館!

総勢64名の方々にはまず、萩博物館で開催中の特別展「最強昆虫列伝」をまずはご自分のペースでじっくりと堪能していただきました。

「昆虫トレイン」に乗るのが待てないのか、早々に展示観覧を終えてエントランスに出てきた子どもたちも・・・

やがて館内放送がかかり、次の目的地への移動のときがやってきました。


b0076096_1521857.jpg
萩博物館から送迎バスで向かったのは・・・

偉大なるローカル線・山陰本線の西にある珠玉の駅・・・萩駅です。
この駅の建物は大正14年に洋館駅の傑作として建てられたという由緒あるもので、平成10年に復元され、登録有形文化財に。

旅情たっぷりの萩駅に降り立った参加者のみなさんが目にしたのは・・・

b0076096_1541747.jpg
萩の西のJR西日本広島支社長門鉄道部から一足早く入線し、萩駅1番ホームに堂々とたたずむ「昆虫トレイン」

ディーゼルエンジンを暖気運転させながら、さあこい!といわんばかりに参加者のみなさんを待ち構えています。


b0076096_1546031.jpg
参加者のみなさんでごった返す萩駅1番ホーム。

しばしの待ち時間の間、参加者のみなさまは思い思いに写真をとったりしていると・・・



b0076096_15482978.jpg
何やらアヤシイ影が・・・(写真中央の少し左)

もしや・・・
萩博物館「最強昆虫列伝」展のキャラクター・カブトロイダーでは!!!

リーフレットやホームページに記されているように、この「昆虫トレインツアー」ではどこかのタイミングでカブトロイダーがあらわれると宣言されていました。
そのカブトロイダーが、ツアーがはじまって間もないこのタイミングで早くも登場!?

「あー、何あれー?」「あっ、出た―」等々、参加者のみなさんの反応は実にさまざまです!


b0076096_1555732.jpg
11:30の「昆虫トレイン」発車の前に、発車式がおこなわれました。

主催者を代表し、野村萩市長から参加者のみなさんに挨拶。

b0076096_15573611.jpg
この「昆虫トレイン」の実現のため親身になってご相談に乗ってくださり、何ヵ月にもわたりさまざまなご協力をいただいたJR西日本広島支社長門鉄道部を代表し、鉄道部長さんからも一言いただきました。
b0076096_1655130.jpg
特別仕立ての「昆虫トレイン」を囲み、
県内外の参加者のみなさまやスタッフ、報道関係者 総勢80名近くで繰り広げられた萩駅の夏休みの一コマ。
b0076096_1612376.jpg
「発車式」に参加されたのは参加者のみなさまやスタッフ・報道関係者だけではありません。

「撮り鉄」と呼ばれる、列車や鉄道風景の写真撮影愛好家の方々も情報をキャッチさrたようで何人かご来訪。
さすが愛好家のみなさん、私たち関係スタッフとは全く違う場所から、違う視点で実にスマートに写真をとっていかれます。
「昆虫トレイン」のどんな勇姿を切り取られているのか・・・ぜひ「撮り鉄」の方々が撮られた写真も拝見したいものです。

・・・左の写真は、「撮り鉄」の方々に負けじと反対側の2番ホームから写真をとる、オフで訪れた萩市役所M課のT課長。なかなかポーズが決まっています!

b0076096_16191940.jpg
発車式が終わり、さあ、司会のお姉さんから「発車開始!」の合図が出ました。

参加者のみなさん、いよいよ「昆虫トレイン」に乗車です!
意気揚々、カメラ撮影をしながら次々と乗り込んでいく参加者のみなさん。

b0076096_16222889.jpg
参加者のみなさんが乗車していくところを前方から撮影。

萩市長や萩博物館館長、萩市役所や萩館スタッフ、萩市観光協会の方々、旅行会社の方々が見守る中、次々と乗り込んでいきます。


b0076096_1625999.jpg
あっ!ちょっと待った!

さっきの写真の、次々と乗り込んでいく参加者のみなさんの列の中に・・・(赤い矢印)

あっ!!この人影は・・・ 

もしや、あのカブトロイダーも乗車?それともフェイントか!?

b0076096_16272239.jpg
そうこうしている間に11:30!
駅長役の野村萩市長による発車合図により、「昆虫トレイン」は汽笛を鳴らして動き出しました!

今、特別仕立て「昆虫トレイン」の旅が始まりました!
車内から、窓の外の人々に手をふる参加者のみなさん。

b0076096_16291210.jpg
ホームから笑顔で手をふる野村萩市長に、身を乗り出し手を振り返す参加者のみなさん。

こうして7/26(土)11:30、「昆虫トレイン」はディーゼルエンジンの轟音を立て、山陰本線を北東に向け、ゆっくり走りだしました。

さあ、この先、「昆虫トレイン」の車内ではどんなことが!?
さっきの写真に写っていたカブトロイダーは!?
そして「昆虫トレイン」が行き着く先ではどんなことが?

・・・それはまた改めて、この萩博ブログでご紹介しましょう。

[PR]
by hagihaku | 2014-07-27 16:43 | 催し物のご案内
ラッピング完了、「昆虫トレイン」誕生!(2014.7.24)
今日はたいへん意義深い、重要な、大事な日でした。
なぜなら今日は、萩博物館にとって初の鉄道イベント7/26開催予定の「昆虫トレインツアー」のシンボルともいうべき、これがなくては始まらない、「昆虫トレイン」ご本尊の誕生の日なのです。

b0076096_20431977.jpg
昆虫トレインツアー主担当の私(堀)と萩博物館の広報担当の國光主任は朝、小郡にあるJR西日本の下関総合車両所 新山口支所へ。

車両所の一角、屋根のある車庫に、母体となるディーゼルカー「キハ40-2042」がとまっています(左)。

私たち山口県の日本海側にすむ者にとって、非電化の単線を走るキハ40形ディーゼルカーは昔からおなじみの存在。
この車両が、これから「昆虫トレイン」へと生まれ変わっていくのです。

b0076096_20502935.jpg
プロの業者さんが、車体の側面で「昆虫トレイン」のエンブレムが描かれたラッピング用のシートを準備しています。

さあ、これからこの車体にどのようなエンブレムがどのように姿を現していくのでしょう?


b0076096_2052115.jpg
車体にさまざまなデザインを施したシートを貼り付けてデコレーションすることを「ラッピング」と呼ぶそうです。

ラッピングは、車体のどこにでも貼っていいわけではないそうです。
列車の運行や管理に必要な番号表示などには一寸たりとも被ってはいけません。
車体番号にかからないよう、絶妙なシュミレーションや調整をおこなう業者さんたち。

b0076096_20561124.jpg
プロの技でラッピングシートが張られ、白い台紙が剥がされると・・・
「昆虫トレイン」のエンブレムが姿を現しました。

萩博物館で開催中の「最強昆虫列伝」展(2014.7.5~9.7)の公式マークのイメージを踏襲しつつ、
夏の萩の大地を飛翔する子どもたちに大人気のカブトムシを抽象化した「昆虫トレイン」のエンブレムです。

b0076096_20581643.jpg
「昆虫トレイン」エンブレムが車体の側面に貼られた瞬間から、私は身震いしてきました。

私が「昆虫トレインツアー」の構想を練り始めたのは昨年の11月。
大勢の人々に、広大な大地からなる萩の「まちじゅう」を巡って昆虫や自然など地域の魅力を発見して回っていただくには、途中の「移動」に魅力がなくては成功はありえない・・・私はそう信じていました。  

対象者が子どもたちであればなおさらです。「移動」を魅力的に、人々を惹きつけるようなものにしなければならない。その夢を、山口県の子どもたちにとって、日常を超越した存在である列車・・・ しかもディーゼルカー(気動車)に託したいとと私は考えました。

あれから8ヵ月、この質実剛健なディーゼルカーに目をみはるようなエンブレムが煌々と輝く日を私は待ち続けてきました。
ついに今、その時がやってきたのを強く感じる瞬間でした。

b0076096_2134616.jpg
この「昆虫トレイン」には、萩の大地のすみからすみまで力強く動き回る、長~い翼をもってほしいとの願いをこめ、エンブレムのカブトムシは長~い翼をもっています。

長いだけあって、業者さんはいくつにも分割されたシートを丁寧につなぎあわせていきます。

b0076096_2116915.jpg
エンブレムの長い翼の末端近くには、Hagi Museum Special Trainの名が。

全国的にも珍しい博物館プロデュースの鉄道企画、
萩博物館にとって初の鉄道企画が始まろうとしていることをひしひしと感じます。

b0076096_21183120.jpg
車体の側面中央のエンブレムだけではありません。

ドアの横の少し広いスペースには、少し小型のエンブレムと「昆虫トレイン」の名前が。
「昆虫トレインツアー」に参加する親子のみなさんが乗り降りするとき、ここで記念撮影をとってもらえればと思い取り付けてもらいました。

b0076096_2120179.jpg
車両の右面と左面とでは、ドアや窓の位置が違います。
それに応じ、反対側ではドアの上に「昆虫トレイン」の名前が入りました。

b0076096_21215922.jpg
業者さんが、車両の前方の運転席の下にもラッピングシートを貼り付けています。
ここに現れたのは・・・

b0076096_21231447.jpg
こちら、円形にアレンジされた「昆虫トレイン」のマークです。

もし私が子どもなら、このマークの上の運転席で列車を動かす運転手さんがうらやましくて仕方なくなることでしょう。



b0076096_21243378.jpg
こうして、ディーゼルカー「キハ40-2042」は側面にラッピングを施され、「昆虫トレイン」の様相を呈してきました。
・・・が、これで終了ではありません。

スタッフの方が、車両の前面に何か金具を取りつけています。
何がおこなわれるのでしょう?

写真の右下には「昆虫トレイン」マークの円盤が用意されています。


b0076096_2131417.jpg
「特別列車」といえばこれ!
そう、ヘッドマークです。
 

b0076096_21331359.jpg
列車の顔ともいえるヘッドマークが装着され・・・・、

・・・・

・・・・今、ついに「昆虫トレイン」が完成しました!

b0076096_21343695.jpg
見てください!この神々しい姿を。

「昆虫トレイン」に生まれ変わった「キハ40-2042」は明日、長門市駅へ回送され、いよいよ明後日7/26の朝11時すぎ、山口県萩市の萩駅に姿をあらわします。


b0076096_21355970.jpg
車庫で出発の時を待つ「昆虫トレイン」

定員の2.7倍にもなる118名もの応募をいただいた「昆虫トレインツアー」(むつみコース)。
抽選を経て選ばれた44名の方々と、豪雨災害復興特別招待の20名の計64名を乗せ、まもなく萩の大地を走ります!

トレインの中や旅の先々にはさまざまな仕掛けやイベント、出会いが待ち受けています。
広大な萩の大地=「まちじゅう」を楽しみながら移動し、地域それぞれの昆虫や自然や人物(!?)の魅力をふんだんに楽しむための期間限定・特別列車の誕生です。

7/26には「昆虫トレイン」の「発車式」が萩駅でおこなわれます。
発車式ののほか7/26の部の「昆虫トレインツアー」応募状況についての報道発表資料はこちら
→ http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/27/h7120.html

なお、この「昆虫トレイン」を使った「昆虫トレインツアー」は計2回。
第1回目7/26むつみコースは募集終了していますが、第2回8/23須佐コースは8/8(金)まで応募受付中です(応募多数の場合は抽選)。
くわしくはこちらの萩博物館ホームページの関連項目をご覧ください。
→ http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/index.htm


[PR]
by hagihaku | 2014-07-24 21:55 | 催し物のご案内
ボクサーカマキリにあっと驚く!@萩博物館
萩博物館の特別展「最強昆虫列伝」(2014.7.5~9.7)がはじまって約2週間が経ちました。
来場者数は5000人を突破しようとしています。大勢のみなさまのご来場ありがとうございます。

さて、この展示では会場出口にアンケート用紙を置き、みなさまからの率直なご意見やご感想をお聞きし、スタッフが1枚残らず拝読させていただいております。

そのアンケートの中で、来場の目的をお尋ねする欄があるのですが、
特定の展示物を見たいがために来場したという方が何人もおられます。

中でも、この展示物(昆虫標本)を見るために来場した!という方が。
b0076096_1525879.jpg
山口県初公開
ボクサーカマキリです。

ふつうのカマキリとは大きく違います。名前のとおり、そしてご覧のとおり、前脚がボクサーがグローブをつけているかのように膨らんでいます(ただし厚みはなく扁平です)。
敵におそわれそうになると、このグローブをつけているような前脚をシャキッと構え、まさしくボクサーのように威嚇ポーズをとります。

展示しているのは標本ですが、先日も当・萩博ブログでご紹介した当館の椋木専門員にもるミラクルテクニックにより、標本がまるで生きているかのようなフィギュアのように生まれ変わって展示されています。

このボクサーカマキリの展示を見た人々のほとんどが
「え!?ボクサーカマキリってこんなに●●●●●!?」と驚かれます。
どんな驚きがあるのか・・・それはあなたも展示会場で直接お確かめください。

椋木専門員によるとカマキリのなかまは、なかなか負けん気の強い昆虫のようです。
椋木専門員が昆虫調査のため山道を車で走っていると、道路の真ん中にカマキリが平気でたたずんでいることがあるそうです。
ふつうの昆虫なら怪物のような車に気づき、そそくさと去っていくのですが・・・

カマキリは逃げも隠れもせず、・・・なんと!車にさえ向かってシャキッと威嚇ポーズをとるとのこと。

カマキリたちからほとばしる威力と自然界を生き抜く「強さ」の本髄を、「最強昆虫列伝」展でじっくり見てやってください。

それにしても、先日からカマキラーとかボクサーカマキリとか、カマキリの話ばっかりになってますね・・・。他意はございません。

[PR]
by hagihaku | 2014-07-19 15:38 | 展示のご案内
本日の1枚 ~「最強昆虫列伝」展プロローグ映像のロケ風景から
萩博物館「最強昆虫列伝」展がはじまって約10日。来場者数は4000人を超えました。
会場のメンテナンスやトレインツアーの準備などに奔走し、なかなかブログ更新できずすみません。

好評(!?)のプロローグ映像のロケ・・・あれは6月ごろだったかなぁ
もう何年も前のことのような・・・思えば遠くへ来たもんだ
・・・と、懐かしく思うロケの記録写真から1枚。

b0076096_23233850.jpg
必死に台本を読みふけるふたり。

・・・が、歳にジャマされ、なかなかセリフが覚えられませんっ

[PR]
by hagihaku | 2014-07-15 23:27 | 催し物のご案内
萩博物館「昆虫トレインツアー」(7/26分)抽選中!
b0076096_1516886.jpg萩博物館の特別展「最強昆虫列伝」関連の主力イベント、「昆虫トレインツアー」
そのうち7/26(土)実施の「むつみコース」の応募が先週7/9(水)に締め切られました。

このコースは募集定員44名だったのですが・・・担当の旅行会社さんによると、応募者数はなんと118人
定員の2倍を超える方々にお申し込みいただきました。

リーフレットや報道にて触れておりますように、応募多数の場合は抽選となります。
これより抽選をおこない、数日内、遅くとも今週中のできるだけ早いうち に当否を応募者の方々全員に発送いたします。

抽選の当否はお送りいただいた往復ハガキにてご返送いたします。申し訳ありませんが個別に電話でお答えすることはできませんのでご了承いただきますようお願いいたします。

 

[PR]
by hagihaku | 2014-07-13 15:27 | 催し物のご案内
緊急速報! 本日11日16:45より、萩博物館特別展「最強昆虫列伝」生中継!!
緊急速報です!
落ち着いて見て下さい!

繰り返します。
緊急速報です!!

本日、7月11日(金) 16:45より!
KRY 「熱血テレビ」において、萩博物館夏季特別展「最強昆虫列伝」が、ぬわ~んと、生中継で紹介されます!!

b0076096_16141219.jpg


某TV局の取材を受ける、「某」主任研究員です。

萩博物館夏季特別展「最強昆虫列伝 ~ カブトムシvsなぞの昆虫戦士たち」は、7月5日(土)に開幕しました。
早速、多くの来場者をお迎えしています。

今日、その展示の一部が、生中継で紹介されます。

落ち着いて見て下さい!
緊急速報です!! 生中継です!!!

お~っと、今、目の前を、あのカブトロイダーが通って行きました。
あ~っと、ドクトル・ムッシー(略してドクムッシー)も。
展示室(いや、昆虫界)へ!


始まります!

b0076096_16212661.jpg


電波状況、良し!

始まります。

KRYです! 「熱血テレビ」です! 16:45からでっす!!
[PR]
by hagihaku | 2014-07-11 16:24 | 事務局より
「最強昆虫列伝」サブキャラクター・カマキラーの心意気
先日この萩博ブログで、昆虫専門の椋木専門員がひそんで昆虫標本のフィギュアづくりに励んでいる小部屋を紹介しましたね。

b0076096_1395813.jpg← その部屋は、こんな萩博物館のバックヤードの一角にありましたね。

実は、今日はその部屋のお話ではありません。

皆様は先日から、この写真の右手前に、博物館らしからぬものが写っていることに気づいておられたことでしょう。

そう、廊下にアヤシイ黄緑色の衣装がさりげなくかかっています。

その持ち主こそ・・・

b0076096_13121224.jpg
そう、先日からyoutubeでお騒がしている、萩博物館「最強昆虫列伝」展のサブキャラクター、
昆虫界の肉食系、カマキラー!!

噂では当館の学芸職員が演じているとかいないとか・・・
と当ブログに書いたところ、関心を抱いた方がたくさんおられるようで、連日かなりのアクセスをいただいております。

サブキャラクターと書きましたように、メインキャラクター・カブトロイダーの脇役的存在です。
が、演じているのは通常の学芸スタッフどころか、当館の命運をにぎって日夜 調査研究に、教育普及に、はたまた労務管理や各種調整にいそしんでいる管理職(!?)とのうわさも・・・

・・・というわけもあってか、場をしきる能力と意欲はメインキャラクター以上!
b0076096_1317398.jpg先月おこなわれた、「最強昆虫列伝」展のプロローグ映像のロケ風景です。

台本どおりにはしゃべらない!必ず自分で咀嚼し、納得したセリフをさらにアドリブでアレンジして語るカマキラー。

衣装の緑色も、こだわりにこだわって厳選しています。
靴は当初は展示担当者がふつうの黒い靴でもよいのでは・・・と思っていましたが、
緑色の「ザ・長靴」でないと気分がでん!演じられん!と熱弁を。
(しかし希望に合う絶妙な緑色の長靴がどうしても見つからず、ふつうのゴム長靴に緑でペイントするはめに・・・)

衣装から演技までこだわった、その活躍ぶりを今一度プロローグ映像でお楽しみください。
萩博物館で開催中の「最強昆虫列伝」展の会場内にはもう2ヶ所、映像コーナーがあり、そこでも熱演していますのでお楽しみに。


[PR]
by hagihaku | 2014-07-10 13:20 | 催し物のご案内
「最強昆虫列伝」プロローグ映像公開!
萩博物館で7/5(土)から開催中の特別展「最強昆虫列伝」

毎年のことながら、萩博物館の夏の生きもの系の特別展では、ただ展示を見ていただくだけでなく、物語(ストーリー)に乗って、絵本や映画の場面を開いていくかのように展示を進んでいただき、見聞していただくための工夫をしています。

その一つが先日からご紹介している、当館の学芸スタッフが扮しているとかいないとか噂される、キャラクターです。
が、キャラクターの顔ぶれを見ただけでは、それぞれが展示のストーリーでどんな役割をもっているのか、どんな誘導や動機づけをしてくれるのか、わからないことでしょう。

展示会場の入口には、プロローグ映像として、展示を見る前にぜひ見ていただきたい映像コーナーを用意しています。
さらに会場の中や奥の方にも、要所要所でキャラクターが出演してメッセージを発する映像が用意されています。

そのうち、プロローグ映像をいよいよ当・萩博ブログでも紹介したいと思います。

↓こちら↓
http://youtu.be/d4Oa9AEvdyQ

展示を見る前に見ていただくと、展示を10倍は楽しめる!としてオススメしているものです。
ご自宅でこのプロローグ映像を見てから展示会場に来られてはいかがでしょうか。

なお、展示会場の中や奥で紹介している映像は・・・残念ながら少なくともしばらくは当ブログではご紹介することができません。(展示のストーリーのネタばらしになってしまうので・・・)。
当ブログでプロローグ映像を見て、萩博物館に足を運んでいただき、展示会場にてあなたのその目でじっくりお楽しみください。


[PR]
by hagihaku | 2014-07-08 09:57 | 展示のご案内
萩博物館「昆虫トレインツアー」第1回の締め切り間近!
昨日7/5、いよいよ萩博物館の夏の特別展「最強昆虫列伝」が開幕しました!
開幕初日は朝9時の開館と同時に親子連れのみなさまが来場され、この日だけで700人以上もの来場がありました。初日からの多数の来場、ありがとうございます。

さて、この「最強昆虫列伝」展は、展示会場で楽しんでいただくだけではありません。
展示で知った情報やメッセージを、今度は実地で目の当たりにしていただくための関連イベントも用意しています。

その名も・・・先日から何度かご紹介してきた「昆虫トレインツアー」
b0076096_9244343.jpg詳細は先日の萩博ブログ萩博物館HPにゆずりますが、この第1回7/26の部(むつみコース)応募締切は7/9(水)(往復ハガキで必着)。あと4日と迫ってきました。
応募をご検討中の方、お急ぎください。

この昆虫トレインツアーは、萩の大地に点在する昆虫関係のポイントを特別に仕立てた列車でめぐるツアーですが、サプライズも用意されています。

b0076096_926588.jpg「最強昆虫列伝」のメインキャラクター・・・あのカブトロイダーが、昆虫トレインツアーの行程のどこかで、参加者の方々の前に姿をあらわすというのです!

最初の集合場所である萩博物館にいきなり現れるのか、「昆虫トレイン」が発車するJR萩駅に現れるのか、それとも「昆虫トレイン」に乗り込んでくるのか、むつみ地域の昆虫ポイントに現れるのか・・・それは
カブトロイダーだけが知るところです。

カブトロイダーによると、昆虫トレインツアーの参加の記念に、ご家族やグループごとに個別に、一緒に記念撮影サービス!とのこと。

さあ、どんなツアーになるのでしょうか。

7/26(土)の第1回「むつみコース」ご希望のみなさま、7/9(水)までにチラシ掲載の応募先まで往復ハガキでご応募ください。
なお、第2回「須佐コース」の実施は来月8/23(土)、締め切りは8/8(金)となっています。

「最強昆虫列伝」展の関連イベント「昆虫トレインツアー」、どうぞご期待ください!


[PR]
by hagihaku | 2014-07-06 09:32 | 催し物のご案内
特別展「最強昆虫列伝」オープニングセレモニー開催
7月4日午前10時30分から雨の中、特別展「最強昆虫列伝~カブトムシVSなぞの昆虫戦士たち~」オープニングセレモニーを開催しました。
毎年夏の特別展開会式には市内の小学生をご招待します。
b0076096_14325531.jpg
今年は萩市立むつみ小学校の3~6年生をお招きしました。
ちょっと緊張気味かな・・・
b0076096_14332230.jpg
いつもどおり、野村市長による主催者挨拶。
来賓紹介・・・と続き・・・
通常のオープニングセレモニーでは展示担当者が展示の概要を話すのですが・・・
b0076096_14334082.jpg
萩博ブログをご覧いただいている方はご存知の展示キャラクターが展示室から登場。
観客に手拍子を強要し・・・
b0076096_14335789.jpg
そしてカブトロイダーが登場。3人で最強昆虫は・・・
b0076096_14341569.jpg
「俺だ!」「俺だ!」「俺だ!」
確かめに昆虫界へ行くことに。
人間界でいうところのテープカットの準備をして・・・。
b0076096_14384646.jpg
はさみ入れの合図は「シャッキーン」。
b0076096_1437446.jpg
もちろんカブトロイダーです。
b0076096_14374465.jpg
b0076096_14372734.jpg
一足先に展示をご覧いただきました。
明日7月5日土曜日9時開館です。
皆様のご来館、お待ちいたしております。(I)
[PR]
by hagihaku | 2014-07-04 14:40 | 事務局より