<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
城下町萩のひみつ12 ~ 目線を変えると見えてくる江戸時代の萩の2 ~
2016年3月30日(水)、城下町萩では気温が20℃を超えました。
昨日より、南寄りの風が吹いていましたが・・・ツバメが帰ってきました。
昨年が3月24日でしたから、少し遅い春到来です。
b0076096_16113788.jpg

城下町萩を再発見するツアー(小旅行)は、毛利隠岐家(萩博物館)から3軒西隣まで歩みを進めていました。
さらに西に進みましょう。
b0076096_16155729.jpg

以前もご紹介しましたが、旧萩城三の丸(堀内地区)では、1970年頃まで、広大な武家屋敷地が夏みかん畑として利用されていました。
そして、屋敷地を区画する土塀や長屋、明治以降に敷地内部の石を寄せた石積み塀などが、夏みかんの風よけとして維持されました。
b0076096_1621194.jpg

土塀や長屋、石積み塀の、江戸時代に築かれた基礎石部分の石材に注目した分布図です。
ワークショップに参加した小学生の調査成果をもとにまとめたものです。
(実は、小学生の大発見物語りがあるのですが、それはあらためてまた・・)

夏みかん畑が維持されたからこそ、萩城三の丸全域で、江戸時代に築かれた基礎石が確認できます。
ちなみに、赤色で表現されているのが花崗岩の基礎石で、濃い青色で表現されているのが安山岩(笠山石)の基礎石です。
毛利隠岐家(博物館)が接する本町の通りの南側では、明治初年に畑が通り側に拡げられたため、基礎石が確認されていません。
b0076096_18413272.jpg

毛利主計・国司熊之助・毛利筑前・益田伊豆のそれぞれの屋敷地に接する四つ角です。
益田家の敷地東側の長い長い土塀です。
途中、出入り口は全く無く、敷地は後町の通りまであります。
敷地の奥行は約120m!
本町の通りに面しては白っぽい花崗岩の基礎石、屋敷側面には黒っぽい安山岩の基礎石が見えます。
b0076096_18501426.jpg

b0076096_18502962.jpg

益田伊豆家の前、西側に目を転じ、そして目線を下げてみました。
益田家の表側です。
基礎石にご注目下さい。
何か見えてきませんか?
b0076096_18595664.jpg

萩博物館敷地南側、本町の通りに面した長屋門です。
江戸時代には、益田家にも、同様の長屋門が存在しました。
b0076096_18504440.jpg
b0076096_1851682.jpg

基礎石が認めらず、石材が不規則につまれている部分は、かつての長屋門の出入り口と考えられます。
現在も敷地の出入り口として門が設けられていますが、江戸時代には、もっと大きな開口部が存在したことが見えてきます。
b0076096_198998.jpg

いかがでしょうか?
目線を変えてみると、萩城三の丸における重臣の屋敷の様子が見えてきませんでしょうか?
b0076096_19291846.jpg

西へ歩みを進めます。
益田伊豆家と毛利出雲家の屋敷の境あたりです。
いかがでしょうか?
もう、お分かりですね。
赤土の土塀と石積み塀が接している所が敷地の境ではありません。
そうです、基礎石の高さが変わっている所が敷地の境なのです。
b0076096_19392865.jpg

毛利出雲家の前です。
現在は、新たに宿泊施設や宅地へ出入りする道が設けられてはいますが、ここでも、目線を変えると広い広い江戸時代に存在した長屋門の開口部が見えてきます。
ぜひ、実際に城下町絵図を手に歩き、発見してみて下さい。
b0076096_19523593.jpg

次は、四つ角から2軒目の毛利出雲家と3軒目の福原近江家との境を確認します。
夏みかん畑の分布図では畑の中に敷地境を確認できますが、2軒目の毛利伊豆家は随分と広かったようです。
b0076096_1953188.jpg

ヒントは、福原家の基礎石が、濃い青色で表現された安山岩ということ。
b0076096_2003092.jpg

写真では分かりづらいかもしれませんが、基礎石の石材の違いにご注目下さい。
少し高い所から見ると、敷地の奥の方へ、敷地を区画する崩れかけた土塀が続いるのを確認できます。
b0076096_204394.jpg

指定文化財になっている福原家の門です。
毛利隠岐家の6軒西隣?! です。
b0076096_2052536.jpg

東方、毛利隠岐家(萩博物館)の方を振り返った写真です。
b0076096_2092532.jpg

福原家・毛利家・益田家と本町の通りを隔てて対面する萩高等学校です。
宍戸孫四郎家と毛利筑前家の2軒の敷地が、現在、高等学校の敷地となっています。
毛利藩の重臣たちの屋敷が、いかに広大であったかを実感できます。
b0076096_20221872.jpg

長々と失礼しました。
おつきあいありがとうございます。

ギャラリートークの後に催行している萩再発見ツアーの一部を歩きました。
夏みかん畑が維持され、結果として武家屋敷の敷地割が良く伝えられたからこその発見があります。

城下町萩のひみつ展の会期は、4月7日(木)までです。
ギャラリートーク・萩再発見ツアーは、4月2日(土)14;00からです。
よろしければお運び下さい。

 ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=16p7hlqCDVY

・・・ つづく ・・・   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2016-03-30 20:23 | くらしのやかたより
城下町萩のひみつの11 ~ 目線を変えると見えてくる江戸時代の萩 ~
2016年3月28日(月)、今日もツバメの飛来は確認できませんでした。
(午後、館外に出ていませんので何ともいえませんが・・・)
花冷えの影響でしょうか。
昨年は3月24日の飛来でしたので、ツバメたちは少しノンビリと北上しているようです。
b0076096_18385011.jpg

さて、城下町萩のひみつの11、今回は目線を変えることで、江戸時代の萩城三の丸の様子が見えてくることをご紹介しましょう。
城下町絵図の左上部分(北西部分、外堀の内側の旧萩城三の丸)をご注目下さい。
b0076096_18442680.jpg

昭和27年、1952年の夏みかん畑の分布を示した図です。
以前、武家屋敷地が夏みかん畑として利用され、それが永く維持されたことで、結果として』武家屋敷の敷地割が今に伝えられたことをご紹介しました。
夏みかん色?!で囲んでいるのが、現在、萩博物館の敷地となっている場所で、当時は市民病院でした。
指月中学校と萩高等学校と病院を除き、ほとんどが夏みかん畑です。
b0076096_18531416.jpg

このエリア、城下町絵図を手に歩くと、そこかしこで楽しい発見があります。
ということで、博物館(毛利隠岐家)南の「本町」の通りを西へ、6軒隣!! の福原近江家まで歩いてみましょう。
本町の通りは、萩城三の丸のメインストリートでした。
実はこの本町の通り、明治初年に、道幅が江戸時代の半分になっているのです。
理由は、畑(当初は桑畑、後には夏みかん畑)を拡げるためでした。
本町の通りを取り込む形で畑(敷地)が拡大されたのは、通りの南側でした。
b0076096_1934726.jpg

かつての道路幅が良く分かる場所があります。
熊谷吉拾郎家と柳沢備後家の間の通り、平安古の総門に続く三年橋(三年坂)筋です。
左が熊谷家、右が柳沢家です。
ちなみに、柳沢備後家と国司熊之助家の2軒の敷地が、現在、萩西中学校になっています。
b0076096_191366.jpg

その三年橋筋の東側、熊谷家の敷地西側を、目線を下げて見てみましょう。
何か見えてきませんか?
今は宅地になっていますが、この辺りも永く夏みかん畑として維持されてきました。
萩城三の丸においては特に、敷地を区画する土塀や長屋が、夏みかんの風よけとして保たれました。
土塀や長屋が無くなった場所には、土塀や長屋の基礎石の上に、敷地内部の石を集めて石積み塀が築かれました。
ここは、江戸時代に築かれた基礎石と、明治以降に築かれた石積み塀が見られる場所です。
そうです、石積み塀の下部に見えるのが江戸時代の基礎石なのです。
整然と積まれた基礎石の端(手前側)は、江戸時代の熊谷家敷地の境を示します。
b0076096_19273712.jpg

いかがでしょうか?
乱雑に積まれた石積み塀は、明治以降、畑が拡大された際に築かれたものです。
本町の道路幅が倍であったことを確認することができます。
目線を変えると、江戸時代の萩城三の丸の様子が見えてきませんか?
b0076096_19345397.jpg

歩みを西に進めましょう。
熊谷家・国司家と山内家の前辺りから、西側の毛利主計家の方を眺めます。
見えてきたのは、毛利主計家(毛利一門、阿川毛利家)の大きな花崗岩を積んだ基礎石です。
櫓(矢倉)のような建物があったのでしょうか。
b0076096_19452426.jpg

矢(クサビ)を使って石を割った矢穴の跡が残る基礎石です。
花崗岩は、萩城本丸背後の指月山の北側で採石されました。
先にご紹介した熊谷家敷地西側の黒っぽい基礎石は、城下北東郊の笠山で産する安山岩(笠山石)です。
b0076096_19504091.jpg

毛利主計家前で、東方、毛利隠岐家(萩博物館)の方を振り返って撮影したものです。
萩城三の丸における花崗岩を用いた基礎石で、最も緻密に積まれたものです。
記録によると、毛利主計家には、二階建ての長屋門が存在したようです。

・・・とここまで屋敷3軒、つづきは次回ということで。
実はこれ、ギャラリートーク後に催行している「萩再発見ツアー」のルートの一部です。
次回のギャラリートークは4月2日(土)の14:00から、萩再発見ツアーは15:00ころからです。

「城下町萩のひみつ」展CMロングバージョン
  ↓ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=16p7hlqCDVY&feature=player_detailpage

・・・ つづく ・・・   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2016-03-28 20:15 | くらしのやかたより
カブトガニを萩・長門近海で約30年ぶりに発見!萩博物館で飼育展示(2016.3.25~)
平成28年3月上旬、「生きている化石」と呼ばれるカブトガニが山口県長門市の野波瀬で採捕されました。
山口県の日本海側の萩市・長門市近海(いわゆる「北長門海岸」)では1984年に萩市の姥倉運河で採捕されて以来約30年ぶりの珍事となります。
このカブトガニを萩博物館で飼育展示することになりましたのでお知らせします。

■採捕から寄贈の経緯
【採捕地】 長門市三隅下野波瀬  
【採捕日】 平成28年3月7日(月) 
【採捕方法】 漁港沖の水深約22mのカレイ建網にかかる
【採捕者】 松本 剛 氏(山口県漁協野波瀬支店) 
【体のサイズ】 全長43cm、甲羅の幅23.7cm、体重1,26kg (オスの成体) 
【経緯】 山口県漁協野波瀬支店→萩水産事務所→山口県水産研究センター→萩博物館へ電話連絡。いったん水産研究センター職員が野波瀬漁港にて引き取り、センター内の飼育設備でストック → 約1週間後、萩博物館が引き取る。

b0076096_158513.jpg

■カブトガニとは
兜のような甲羅をもつ節足動物で、カニのなかまのように見えますが実はクモ(蜘蛛)に近いのなかま。
約2~3億年前の古生代からほとんど姿を変えず生息しているため「生きている化石」として学術的に貴重な生物です。
干潟の泥のある海底にすみ、ゴカイなどを食べて生活しています。日本、中国、フィリピン、インドネシアに分布し、日本ではかつては各地にたくさん見られましたが、次第に生息環境が失われて減少し、絶滅の危機に瀕している種類として、環境省により「絶滅危惧I類」に指定されています。
現在の日本での生息地は瀬戸内海、九州北部の各地に点在する約10箇所のみとなりました。

■今回のカブトガニの重要性
山口県では瀬戸内海側では山口湾などの生息地が有名です。
しかし、日本海側での発見はたいへん珍しく、下関市の響灘沿岸(彦島・安岡・室津・特牛・島戸)で約5回ほど発見されているものの、萩市・長門市を含む北長門海岸に至っては下記2回にすぎません。

①1980年代頃:長門市近海 漁業者が採捕 (情報提供:山口県水産研究センター)
②1984年9月22日:萩市香川津(姥倉運河)漁業者が採捕 (旧萩市郷土博物館で飼育展示後、標本として保管)

山口県の日本海側の萩市・長門市には九州方面から対馬暖流が流れてきているため、九州北部の生息地(津屋崎、今津湾、伊万里湾、壱岐、平戸、西海)のいずれかから幼生が来遊し、偶発的に定着して成長した可能性があります。
近年、萩市三見飯井にカブトガニの甲羅が漂着していたという未確認情報もあるので、萩市三見~長門市三隅にかけてのどこかに今もカブトガニが細々と生息しているかもしれず、今後の情報収集や調査が期待されます。

■飼育展示について
萩博物館にて下記の場所・期間に飼育展示公開します。
展示場所:萩博物館エントランス(無料ゾーン)の小型水槽
展示期間:平成28年3月25日(金)~4月10日(日)
(※体調不良になった場合、早めに飼育展示を終了することがあります。)

b0076096_1593050.jpg

[PR]
by hagihaku | 2016-03-25 15:09 | いきもの研究室より
城下町萩のひみつ の10 ~ 南明寺のイトザクラと同行札 ~
2016年3月17日(木)、萩は良い天気となりました。
b0076096_13123431.jpg

城下南郊に南明寺(なんみょうじ)という天台宗の寺院があります。
江戸時代より城下の人々が開花を心待ちにしたイトザクラがあることで知られています。
b0076096_13163255.jpg

本日の南明寺境内のイトザクラです。
他の桜に比べて開花が早いことから、
「南明寺の糸桜、散っちゃあ 行っちゃあ 見ぃちゃあ あっても、咲いちゃあ 行っちゃあ 見ぃちゃあ ない」
(方言で、散ってから行って見る人はあるが、咲いているのを行って見る人はいない、の意)
と歌われたとされます。
b0076096_13223861.jpg

今年は少し開花が遅いようですが、今日の陽気で、一気に花が開くかもしれません。
b0076096_13241679.jpg

江戸時代に編まれた『八江萩名所図画』の中の「南明寺花見の図」です。
城下の人々が花見を楽しむ様子が木版画で表現されています。
b0076096_14301894.jpg

イトザクラのある境内を抜けて、山道を登ったところに南明寺観音堂があります。
城下の人たちが、江戸時代の早い時期(遅くとも元禄期)から、「七観音詣で」で参詣した城下の七か所の観音寺院・庵堂の一つです。
b0076096_14341967.jpg

観音堂部分を拡大したものですが、屋根の内側、壁面をご注目いただけますでしょうか。
何か野球のホームベース状のものが表現してあります。
下の写真は、やはり「七観音」の一つである市内後小畑の福聚院です。
b0076096_14372633.jpg

b0076096_14374061.jpg
b0076096_14375344.jpg
b0076096_143886.jpg

多数の札を認めることができます。
この札を、便宜的に「同行札」(どうぎょうふだ)と呼んでいます。
かつて城下やその周辺の地域では、町内や集落の年齢の近い若い人たちが、同行と呼ばれる講のような組織を組んで、近畿地方の西国三十三観音霊場を巡っていました。
その霊場巡りから帰った人たちが、無事の帰還を感謝して、観音様を祀る堂庵に奉納したのがこの「同行札」です。
b0076096_1446635.jpg

天保11年(1840)の年号が記された同行札です。
城下の港町である浜崎町の同行が奉納したものです。
同行による西国観音霊場巡りは、成年となるための通過儀礼のような要素を持っていました。
交通の発達していない時分に、50日以上をかけて巡礼した話を伺ったことがあります。
苦楽を共にした人たちの間には、終生続く固い絆が生まれたとされます。
b0076096_14533814.jpg

b0076096_14535240.jpg

今回の企画展「城下町萩のひみつ」においては、その「同行札」を展示しています。
同行による西国観音霊場巡りは、全国的には、江戸時代中ごろに始まり定着したとされます。
城下町萩では、その初期である宝暦年間(1750年頃)より巡礼に赴いていたことが、伝えられた「同行札」から確認できます。
確認できた最も新しい札は昭和36年(1961)のもので、伝承によれば、昭和40年頃までは同行による巡礼は続いたとされます。
同行の絆は、今でも地域のなりわいや行事など様々な側面で発揮されているそうです。

江戸時代起源の歴史文化が、城下町萩には息づいています。
b0076096_1583879.jpg

博物館「前」駐車場の片隅のアンズの花です。
昨年、ツバメの飛来を確認したのは3月24日のことでした。
もうすぐそこまで春が来ています。

萩博物館企画展「城下町萩のひみつ」展は、4月7日(木)までです。
お運びお待ちしております。
     ↓↓
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=16p7hlqCDVY>

・・・ つづく ・・・    (清水)
[PR]
by hagihaku | 2016-03-17 15:18 | くらしのやかたより
城下町萩のひみつの9 ~誇りによって守られた「まち」~
城下町萩では、江戸時代の城下町絵図を、今も地図として用いることができます。
それは、江戸時代に形づくられた「まち」が、大きく改変されていないことを意味します。

今回のブログでは、城下町に住まいしてきた人たちの「誇り」が、この「まち」を守ったということについてご紹介します。

その前に、萩博物館企画展へ皆さんを誘うイメージ映像を制作しましたので、よろしければご覧ください。
  ↓ ↓ 
企画展 城下町萩のひみつ

b0076096_10573229.jpg

1924年、大正13年に、萩反射炉が国の指定文化財となります。
その指定直前か直後のの撮影と考えられる反射炉の古写真です。
その前々年、1922年、大正11年に松下村塾・吉田松陰旧宅が国指定史跡に指定されます。

明治維新後50年余を経た1920年ころより、萩の「まち」においては、歴史上の出来事やそれに関わった人物が再認識されるようになります。
そして、人物の旧宅や城下町起源の史跡などが文化財として指定され、保全が図られるようになります。
それは、自らにとって誇りとすべきものを再発見し、その価値を共有し、そして継承していというく活動でもありました。
早い時期からのこの取組みがあったからこそ、豊かな城下町の歴史文化が今に息づくこととなります。
b0076096_11144174.jpg

鉄道(後の山陰本線)は、反射炉のすぐ傍に敷設されました。
1929年、昭和4年には東萩駅-奈古駅間が開通しましたが、その直後頃の撮影と考えられる写真です。

1929年には、明倫館水練池・明倫館碑・有備館がともに国指定の史跡に指定されます。
1932年、昭和7年には、木戸孝允旧宅・伊藤博文旧宅が、国指定の史跡に指定されます。
この年、萩町が市制を施行して萩市となりました。

「長州新聞」1930年(昭和5)7月1日号には、市制施行を訴える林町長の意見が掲載されています。
その中で、林町長は、市制施行に向けて萩町民の賛同を得るために、
(1)史跡名勝に富むことを活かした遊覧の都市建設、
(2)交通網整備にあわせて天然資源を活かした加工工業の都市建設、
(3)人材を輩出した歴史環境を活かした教育地としての都市建設 を訴えています。

「観光立市」への意識が示されていて興味を覚えます。
b0076096_11283056.jpg

市制施行3周年記念の萩史蹟産業大博覧会開催を報せる絵葉書です。

1935年、昭和10年4月、萩市土原グラウンド(現在の萩東中学校地)において、萩実業会主催の萩史蹟産業大博覧会が開催されました。
この博覧会は、萩の史跡を紹介し、それらを保全活用しつつ萩市経済を活性化させることを目的としていました。
会場には、日産コンツェルンの日産館をはじめ、産業本館・史蹟観光館・朝鮮館などのパビリオンが設置され、入場者の関心をひきました。
また、博覧会に併せて、明倫小学校では防長勤王資料館が開催されるなど、種々の行事で市内は賑わいました。

城下町に住む人たちにとっての誇り=歴史的な資源が大いに注目を集めました。

長くなるため割愛しますが、明治維新後50年頃から100年頃までの間の文化財指定や保存にかかわる出来事を通覧すると、実に多くの「誇りを継承する活動」が行われていたことが見えてきます。
b0076096_12273944.jpg

1970年、昭和45年に始まった国鉄のディスカバージャパン・キャンペーンのポスターです。
紹介されているのは萩の古いお寺(観音院)の苔むした瓦です。
「古き良き時代の名残り」というコピーが添えられています。
「なつかしい日本のふるさと」として注目を集めた萩には、歴史や伝統的な文化に触れることを求める多くの人が訪れました。

明治維新後50年を前にした1916年、大正5年に、阿武郡教育会に史蹟保存会が設立されます。
以降、様々なタイミングで史跡などの歴史的資源を保存する活動が展開されます。
明治維新100年(1968年)を前にした1965年、昭和40年には、城下町萩の歴史文化の掘り起しや「史都萩」の継承を目的に、「史都萩を愛する会」が発足します。
1967年、昭和42年には会報は創刊されますが、その創刊号に興味深い巻頭言が寄せられています。
以下、長くなりますが、その一部をご紹介します。

「あいさつ」(抄録)  林良雄 (史都萩を愛する会 会長)

(前略)

 萩市の歴史的遺産は、殆んど全く萩市民が意識的に保存に努めて残したものではなく、自然に残ったものであります。そして、明治維新百年を迎えた今日は、あたかも江戸時代の建築の建て替え期にあたるものも多く、また一方、生活近代化への欲求も強く、建替え、改築、改造が盛んに行われ一つの危機を迎えております。
 すなわち、自然的保存はその限界に達し、今日以後、史都の姿を保存しようとすれば自然的保存から、人為的意識的保存に切り換えなければその目的を達することができないようになったのではないかと考えられます。そしてこれは困難な仕事ですが、しかし不可能ではありますまい。
 史都萩のたたずまいは、往昔の萩城下住人が造り残してくれた遺産ではありますが、これを家庭に例えれば、祖先の残した家宝に相当するものでもあります。その家宝に相当するものの模様変えや処分が、これまであまりに軽々しく行われた感じがありますし、現在もなお行われているといえましょう。しかも、この家宝に相当する史都のたたずまいは、今や貴重な観光資源として脚光を浴びてまいりました。

(中略)

 史都の保存が危機にあい、転換期にさしかかっても、これを守るための方法の要は唯一つ、全市民の総意総力を一つに併せることであると信じます。
 私は、本会の発足にあたり、会員皆様と共に、今日の郷土萩の姿を美しく、良く守るとともに、五百年千年後の子孫が喜んでくれるような、史都萩の姿を残すために、本会の会員がますます増加し、その活動が発展するよう祈ってやまないと同時に、市内外の史都萩を愛する多数各位のご声援、ご鞭撻を心からお願いいたします。


いかがでしょうか。

「城下町に住む人たちが、当たり前のこととして継承してきた自らの「誇り」が、これからは、意識しないと保たれない」といった危機感が示されています。
今から50年前の指摘です。
自らの誇りを大切にするこの意識があったからこそ、城下町の豊かな歴史文化が、今に息づいているのではないでしょうか。

ご参考までに、この後の行政における歴史的な資源・遺産の保存・活用の取り組みを列挙します。
 1972年、昭和47年に、「萩市歴史的景観保存条例」制定
 1976年、昭和51年に、「萩市伝統的建造物群保存地区保存条例」制定
  ※ この間、市内7地区が歴史的景観保存地区に指定され、萩市堀内地区、平安古地区、浜崎地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定される
 2004年、平成16年、「萩まちじゅう博物館条例」施行
 2007年、平成19年、「萩市景観条例」制定、「萩市景観計画」策定
 2008年、平成20年、「歴史まちづくり法」公布・施行にともない「屋外広告物に関する条例」制定
 2009年、平成21年、「萩市歴史風致維持向上計画」が国により認定
 2012年、平成24年、「萩市花と緑のまちづくり条例」施行

長くなり恐縮です。
「誇りの継承」は今も続いています。

・・・ つづく ・・・   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2016-03-08 13:26 | くらしのやかたより