<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
約50~80年前の魚のミイラ!?・・・乾燥標本(2016.12.30)

b0076096_1212374.jpg萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」の次なる見どころは・・・写真をご覧ください。ぎょぎょっ!?魚類のミイラ!?・・・乾燥標本です。

生きている時の魚は人の力では決して再現できないぐらい透明感がありカラフルで美麗。しかし、いざ博物館や研究機関の標本として保存しようとすると、昆虫や貝殻とは比にならないほど難しいテクニックを要します。ホルマリンやアルコールに漬けて「液浸標本」にするか、中身を取り出して別のものを詰めて整形し「剥製」にするのが一般的ですが、「乾燥標本」にするという手もありました。

b0076096_1214234.jpg今から約80年前、「萩の博物学の父」田中市郎が私立「田中博物館」で収蔵展示した後、萩市に寄贈し、歴代の萩の科学館や博物館へ、そして萩博物館へ引き継がれてきた標本の中に、約50~80年前に萩近海で採集され製作されたと思われる乾燥標本がいくつもありました。

ミイラのように完全に干からびてシワシワになり、見た目がショッキングでもあるため、あまり「展示物」に向いているとはいえません。そのためか、当館の開館以来はもちろん、前身の萩市郷土博物館でもおそらく展示公開されたことはありません。

が、その魚がこの町の沖の海に存在したことを何としても未来に伝えようと懸命に格闘した先人たちの努力を示す歴史的資料として、このたびより新「いきもの発見ギャラリー」にて当館初公開!

b0076096_122720.jpg先日お知らせしましたように、当ギャラリーは順路もストーリーもありません。標本ひとつひとつから、皆様には直接メッセージを受け取っていただきます。

今から50~80年前の萩の海を泳いでいた魚たち・・・皆様にいったい何を語りかけてくるのでしょう?

[PR]
by hagihaku | 2016-12-30 12:03 | いきもの研究室より
萩博物館の「龍蛇様」・・・セグロウミヘビ(2016.12.29)

b0076096_11584933.jpgうわっ!ヘビだ!びっくりした~ ・・・と、写真を見て驚いた方が多いことでしょう。
まるで生きているかのような、とあるヘビの剥製。これも12/16に新装オープンした新「いきもの発見ギャラリー」の隠れた見どころのひとつ。

私たちがよく見聞きする陸のヘビとは違います。海にすむウミヘビの一種、セグロウミヘビです。コブラ科のヘビで、人をも死に至らしめるほどの猛毒の持ち主。そんな話を聞くと恐くなってしまうかもしれませんが、このヘビは別格、古来より人々に特別な扱いを受けてきた神聖なる生物なのです。

出雲の国(現在の島根県東部)では、神々が集まるとされる「神在月」(現在の11月ごろ)、このヘビが海辺にたどり着いて打ち上げられるといいます。人々はこれを「龍蛇様」と呼び、神々の先導役、神の使いとして敬い、出雲大社や佐太神社や日御碕神社(漂着地よって決められた神社)に奉納し「神在祭」なる儀式をおこなうのだそうです。

セグロウミヘビはもともと南のあたたかい海にすむウミヘビですが、対馬暖流に乗って日本海へ、風波によって出雲の海岸に漂着するのがちょうど「神在月」の頃とのこと。

対馬暖流は萩の沖を流れて出雲の方へ向っていきます。また、11月だけでなく冬全体にわたって北西からの風波がありますから、冬場に萩付近にもセグロウミヘビが漂着することがあります。近年ではちょうど3年前の2013年12月29日、萩の西の長門市油谷の海岸に漂着し、山口県水産研究センターからの紹介で当館に持ち込まれました。それが剥製となって当ギャラリーで初めてお目見えとなりました。

神在月より一足遅れて出雲の国の手前に到来した「龍蛇様」。皆様にどんな縁やご利益をもたらせてくれることでしょう。年末年始、ぜひ萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」でご対面ください。

[PR]
by hagihaku | 2016-12-30 11:59 | いきもの研究室より
「ザ・シェリング・バー」も萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」に健在!(2016.12.28)

b0076096_1055974.jpgつい先日の12/16に新装開展した萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」。

このギャラリーの見どころのひとつは、何といっても「ザ・シェリング・バー」。シェリングとは、「貝を集める」「貝を楽しむ」といった意味の英語。まるでバーのように気軽に立ち寄って萩付近の貝を手にとって眺め、気に入ったものを持ち帰っていただけるという、約10年前に当館内に誕生した、当時おそらく「全国初」の体験型展示。wikipediaの萩博物館のページにも記されています!

b0076096_1062467.jpgかつて萩博物館&NPOイベント班の連携で萩付近の海岸の貝の採集調査の余品を来館者におすそわけすることからはじまり、現在はNPO自然おたから班のみなさんが息長く懸命かつ丁寧な貝殻の採集と補充を続けています。

b0076096_10104765.jpg 「常連」の子どもたちが休日に訪れて貝殻採集に熱中したり、県外からの観光客が予想外にハマってしまい2時間もここに滞在したことも。非常に人気があるため、現在では持って帰っていただける貝殻の個数を数個に限定させていただいています。

b0076096_101139.jpg10年目を迎えるこの人気の体験型展示はしっかり新「いきもの発見ギャラリー」内の一角に引き継がれ、冬休みそして年末年始のみなさまをお待ちしています。なお、あくまでも萩近海の環境調査のための貝殻採集のデータ収集後の余品なので、日によって貝の種類や量が変動しますのでご了承ください。

b0076096_1011153.jpgちなみに左の写真は、平成19年3月に「ザ・シェリング・バー」が初登場した際の広報資料の写真。バーテンダーに扮した現・副館長(左)が客に扮する広報担当職員(右)と掛け合いで、まさしく「バー」のようなやりとりを実演中。

萩博物館は年末年始も開館!冬休みの親子のみなさん、お子様連れで山口県や近県にご帰省の方、ぜひお立ち寄りください。

[PR]
by hagihaku | 2016-12-28 10:12 | いきもの研究室より
萩博物館に新「いきもの発見ギャラリー」新装オープン!(2016.12.16)
自分の家には無理だけど、自分の町のどこかにこんな処があったらいいなぁ・・・と、少年時代の私がおぼろげながらに憧れた空間。それは、貝や昆虫や鳥などの標本がギッシリ並んでいて、どこかで見た本に描かれていた中世ヨーロッパの「驚異の部屋」(ヴンダーカンマー)がかもしだす、ちょっとレトロでワクワクするような独特の雰囲気。そんな部屋が、萩博物館の一角に誕生しました!

b0076096_1723235.jpg新「いきもの発見ギャラリー」です。冬休み、そして年末、お正月のお出かけ先として最適!なにせ、萩博物館は年末年始も開館していますから。

b0076096_17234233.jpg実は「いきもの発見ギャラリー」なる部屋は萩博物館内に数年前からすでにありました。しかし、一昨年の大河ドラマにあわせて特設展示「兄松陰と妹文」が設営されるともに約2年ほど休止。このたび、その特設展示が撤収されたのに伴い、このたび、その場所に「いきもの発見ギャラリー」が新生したのです。

b0076096_17235346.jpg特設展示のしっとりした雰囲気を踏襲しているため、いい具合にレトロ感が出て、上に書いた「驚異の部屋」(ヴンダーカンマー)っぽい雰囲気になっています(私としてはまだまだ進化&深化させて真のヴンダーカンマーにしていきたいと思っていますが)。


室内には順路もストーリーもありません。みなさまが気になった箇所に立ち、思い思いに標本に対面すればするほど、標本自ら直接メッセージを投げかけてきます。「かめばかむほど味のでる展示」です。

b0076096_1724452.jpg取り急ぎ今日はこのギャラリーの新装オープンのお知らせまで。室内に散在するコンテンツやトリビアについては、また追って続々とご紹介していきたいと思います。お楽しみに!

[PR]
by hagihaku | 2016-12-26 17:26 | いきもの研究室より