<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
~明木地域を歩く~ 参加者募集

史都萩を愛する会が ~明木地域を歩く~ 現地探訪ツアーを開催します。
参加者を募集します。
b0076096_17271160.jpg













萩往還沿いにある味わい深い宿場町、明木を歩きます。
・萩と明木の境にある鹿背隧道を見学。
・江戸時代の様子が分かる明治初期の古地図を片手に明木市散策
・明木神社で「明木八景」鑑賞。
・萩往還と赤間ヶ関街道中道筋の分岐点確認
・下横瀬公民館(旧明木図書館内部)
などの見学を予定しています。

どなたでも参加可能ですが、定員20名様までです。

参加ご希望の方は、史都萩を愛する会事務局
萩博物館 國弘〔電話:0838-25-6447〕
までご連絡下さい。

・日時    平成28年3月12日(日)
       10時~15時00分(予定)

・集合場所  萩市役所前駐車場 
       ※10時までに集合して下さい
       ※現地まではバスで移動します

・案内者   現地の皆様、史都萩を愛する会理事

・参加費   1,000円(バス代・昼食代・保険その他雑費)
       ※食事は乳母の茶屋という休憩施設で
        お弁当を用意します。

・参加対象者 どなたでも参加できます。
       非会員も参加できます。

・申込締切  平成29年3月3日(金)
・注意事項

 ※申し込みの際、保険のために生年月日、住所、電話番号をお聞
  きします。
 ※募集定員は20名。定員に達し次第締め切ります。

 ※少し長いお寺の石段や坂道などを上ります。ご了承下さい。
 ※予定は当日の状況により変更することがあります。

※明木市の明治20年頃の地図です。
 現在と道の形が違います。見比べながら歩きましょう。

b0076096_15240698.jpg





















※なかなか入ることの無いあのトンネル。
 潜ってみましょう。
b0076096_15310283.jpg

















※道路からは川のむこう、はるか彼方に見える旧明木図書館。
 中をのぞいてみたいと思いませんか?

b0076096_15264594.jpg




[PR]
by hagihaku | 2017-01-17 15:44 | 催し物のご案内
大好評の松陰先生カレンダー


先日、某番組で取り上げられた松陰先生カレンダーです。

b0076096_16591549.jpg

テレビに出て一躍大人気となりました。

萩博物館のショップでは朝から注文が殺到し、
もうほとんど在庫が無い状態となってしまっています。
再入荷の予定も無く、とてもレアな状態に。

あと、1個か2個かは残っているようですが、
手に入らなかった方は申し訳ありません。


また、セットでよく売れているのが

「松陰先生のことば」

「松陰読本」

です。

b0076096_17014583.jpg

両方とも明倫小学校でならう松陰先生のことばや教えが
コンパクトにまとまった良書です。
こちらはまだ在庫があるようです。

お問合せはこちらまで。

◆ 萩博物館ミュージアムショップ

◆ 営業時間【 9:00~17:00 】

◆ 休業日 年中無休(萩博物館と同じ、臨時休館あり)

◆ 問合せ 山口県萩市大字堀内355番地 (萩博物館内)

TEL (0838)25-3177 / FAX (0838)24-0505

E-mail : shop@npomachihaku.com


[PR]
by hagihaku | 2017-01-10 17:14 | 事務局より
お正月は、萩博物館「いきもの発見ギャラリー」で宝貝さがしを!(2016.12.31)

平成28年(2016)、萩博物館にご来館くださった何万人もの皆様、ご足労は叶わなくともネットやマスメディアを通じて当館の情報に接してくださった皆様、どうもありがとうございました。

萩博物館はこの後、17時に本年の開館時間を終了いたします。
・・・が、当館は年中無休! 明日、平成29年(2017)1月1日朝9時より開館します!

正月休み期間中も9時~17時まで(入館手続きは16:30まで)開館しておりますので、初詣の帰りや、帰省中のお出かけ等に、ぜひ萩博物館にご来館ください。

b0076096_9433345.jpg正月三が日(1/1~1/3)にご来館の方に朗報!
先日からご紹介している新「いきもの発見ギャラリー」内にて、萩近海の貝殻から好きなものを探して少し持ち帰っていただける「ザ・シェリング・バー」。このバーを管理するNPO自然おたから班からの「お年玉」として、通常は決して入ることのない萩近海産の宝貝(タカラガイ)が日に100個限定で登場!
午前に50個、午後に50個入れられるとのことです。なお、人気品のため、お1人様につき持って帰っていただける個数はごくごく少数に制限させていただきますので、表示やスタッフの案内をご確認ください。また、ご提供するのは浜辺に打ち上がった貝殻であるため、表面のツヤが落ちていたり擦れている場合がありますがご了承ください。

タカラガイは、当館でかつて開催したあらゆる貝殻採集イベントにてダントツの人気第1位! 大昔、お金として使われたり、所持していると「子宝」に恵まれるご利益があるとされた、まさに海の「お宝」。

1/1~1/3限定! 新しくはじまる平成29年(2017)の運だめしに、温かい館内で海の「お宝」探しをお楽しみください。

[PR]
by hagihaku | 2017-01-02 09:45 | いきもの研究室より