<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
萩博物館へのまぁーるバスのススメ(平成29年夏)

【 萩博物館 夏の特別展『驚異の遭遇!未確認生物』
  驚異の渋滞に遭遇しないためにまぁーるバスをオススメするよ
                     (平成29年夏バージョン) 】

b0076096_15115092.jpg

「萩博物館へバスで行くにはどうすればいいですか?」

よく電話でお問合せがあります。

前提としては、

1、萩まで路線バス、またはマイカーで『萩・明倫センター(萩・明倫学舎)』に到着している。

2、萩まで路線バスで『萩バスセンター』に到着している。

または、

3、鉄道で『萩駅(観光協会前)』に到着している。

という場合です。


このとき、萩博物館へ行けるバスは、萩循環まぁーるバス「晋作君」(西回りコース)の一択です。
1時間に2回、30分ごとにやってきて1人どこまで乗っても100円です。

※営業時間7時~18時
※まちがえて「松陰先生」(東回りコース)に乗ると永遠に辿り着けません。

1、萩・バスセンターから萩博物館まではまぁーるバスで6分、
(毎時8分と38分発)

2、萩・明倫センターから萩博物館まではまぁーるバスで7分、
(毎時1分と31分発)

3、萩駅から萩博物館まではまぁーるバスで42分
(毎時2分と32分発)

特に夏の特別展、「驚異の遭遇!未確認生物」を開催している間、
日祝・お盆時期、とくに昼の11時~14時頃は
博物館前駐車場が 「 大 変 」 込み合うおそれがあります。
前にブログでもお知らせした臨時の駐車場を全開にしても、
「 全 然 」足りない場合が予想されます。

ですので、是非、萩・明倫センターなどの大型駐車場をご利用の上、
まぁーるバスをご利用して御来館することをオススメします。

みなさま、ご協力をお願いいたします。


[PR]
by hagihaku | 2017-06-17 15:13