展示解説書、企画中!
「博物館の学芸スタッフって、展示以外の時は何しとるん?」と聞かれることがあります。
もちろん展示も大事ですが、ほかにも、イベントや授業をしたり、海に潜って調査をしたり、本や論文を書いたり、標本を管理したり、新しい事業を企画したり、などなど、たくさん仕事があります。
今、萩博の学芸班では、常設展示をみなさんにもっと楽しんでいただくための解説書を企画しています。
今日当番で出勤の堀は朝から、その解説書に載せる貝の写真撮影です。わずか数ミリしかない貝なので、顕微鏡につないだ特別なカメラで、慎重に明るさやピントや構図を調整して、撮影します。
b0076096_12494551.jpgb0076096_12504040.jpg

右上のように、あざやかな写真がとれました。この貝、大きく見えますが、実際には高さ3mm(!!)しかない貝なんですよ(萩の海辺にすむ「ベニバイ」という貝)。小さいのに、みごとな模様があるものですね。
ほかにもいろんな生物や歴史・民俗の資料などを解説書に載せて、常設展示を親しみやすく・分かりやすくします。楽しみにしていてくださいね。
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-14 13:04 | いきもの研究室より
木原君、宮崎県のタカラガイを持って来館。
萩博の「常連」の木原君。タカラガイが大好きな彼は、先日はなんと宮崎県(青島、日南)にまでタカラガイを拾いに行ったそうです。
さっそく、5/11に堀研究員に見せにきてくれました。洗って乾かし、これから名前を調べて種類ごとに数をかぞえます。
日本海の萩と、太平洋の宮崎。・・・とれるタカラガイがどう違うのでしょう? 結果は後日、当館HPの「海からの宅配便」で紹介しますのでお楽しみに!b0076096_10383543.jpgb0076096_10384461.jpg
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-11 10:43 | いきもの研究室より
このひとはいったい誰?
b0076096_18425941.jpg
キャンバスに油彩で描かれ、立派な額縁に入れられたこの肖像画は、いったい誰を描いたものでしょう?
たくさん勲章を胸につけて、いかにも「オレは偉いんだぞ!」といった容姿をしていますが…。
ともあれ、作品自体はけっこういい作品ですよ。作者もかなり有名な画家のようですし。

その答えは、7月1日から開催の萩博テーマ展示「長州ファイブ」で明らかに。
それまではお楽しみに~!


(道迫)
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-10 18:45 | 歴史資料調査室より
ヒートアップ!「竹がえし」
GWの萩博を盛り上げた様々な催し物の中から、
くらしのやかた(長屋門)にて、老若男女問わずヒートアップした「竹がえし」をご紹介!

b0076096_1564016.jpg持ちかえの部(5本ずつクリア)

両手に持った竹片を倒れる前に持ちかえるという
単純な遊びです。

b0076096_157439.jpg1本ずつの持ち替えをクリアできたら2本ずつ、
それができたら3本ずつと、持つ竹片を増やします。

b0076096_15181118.jpgたかが持ち替え、されど持ち替え。

意外と難しく、多くの方がチャレンジされましたが、なかなか成功しませんでした。


b0076096_15181928.jpg見事、5本ずつの持ち替えに成功された方々をご紹介いたします。

5月3日(水)
・服部泰知 くん(広島県)
・新谷亮太 くん(萩市江向、小学校5年生)

5月4日(木)
・石田寛子 さん(福岡市、30ウン才)
・米今洋昭 さん(広島市、?歳)
・米今寛未 さん(広島市、?歳)
・陶山裕幸 さん(香川県、5?歳)
・高木留次 くん(熊本県、13歳)
・戸田圭輔 くん(兵庫県、14歳)
・戸田浩正 さん(兵庫県、46歳)
・戸田祥子 さん(兵庫県、30代)
・村上明元 さん(山口県、?歳)
・横山 博 さん(茨城県、50代)
・田川博子 さん(下関市、28歳)
・田川 聡 さん(下関市、29歳)
・三戸昌子 さん(山口市、45歳)
・岡山悦子 さん(下関市、12歳)

5月5日(金)
・川久保忠人 さん(萩市、63歳)
・村上善彦 さん(愛媛県、36歳)
・西村福恵 さん(愛媛県、54歳)
・村上 舞 さん(愛媛県、31歳)
・伊藤奈奈 さん(千葉県旭市、11歳)
・伊藤 晋 さん(千葉県旭市、40歳)
・伊藤未玖 さん(千葉県旭市、14歳)
・伊藤彩夏 さん(萩市平安古町、14歳)
・服部浩子 さん(萩市松本、37歳)
・山根あいみ さん(萩市松本、11歳)
・服部珠江 さん(萩市松本、11歳)
・服部実奈 さん(萩市松本、8歳)
・中村浩司 さん(萩市川島、43歳)

みなさん、おめでとうございました。
またのご来館を心よりおまちいたしております。
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-09 15:34 | くらしのやかたより
また深海魚!こんどはフリソデウオ
山口市の小学生の舟渡君と大谷君、そして大谷君のお母さんが今日、堀研究員を訪ねてこられました。
5月4日の朝、越ヶ浜の夕なぎ港で変わった魚が泳いでいるところを網ですくい、写真を撮影したというのです。
さっそく写真を見せていただいたところ、写っているのは深海魚のフリソデウオの幼魚(子ども)ではありませんか! b0076096_1710572.jpgb0076096_1711599.jpg

このブログでも紹介したとおり、つい先日に萩商港でテンガイハタの幼魚がとれたばかりです。いずれも、200mより深い海にすむ、珍しい魚です。
昨年までときどき見つかっていた深海魚は50cmを超える大きなものでしたが、幼魚が連続して見つかるのは萩近海では珍しいことです。
近くの港で岸壁や防波堤から海をのぞいてみて、変わった魚を見かけた方、是非とも萩博物館にご連絡ください!
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-07 17:15 | いきもの研究室より
ゴールデンウィークのイベント大盛況!!
当館の無料ゾーンで開催中のゴールデンウィークのイベントは、市内・市外はもちろん、外国からの方々も交え、大勢の方々でにぎわっています!

・「昔のおもちゃで遊ぶ広場」
   (昔ながらの竹とんぼ、竹馬、こま、めんこなどを存分にお楽しみください。)
・「押し花のしおり作り」
   (まるで生きているような美しい花々をしおりにしてお持ち帰りください。)
・「貝のストラップ作り」
   (海の宝石・タカラガイでオリジナルのアクセサリーを。)
・「こっぱ絵かき」
   (いろいろな木の輪切りに好きな絵を書いて飾り物に。)
・「キレイな貝をさがそう」
   (砂の中からキレイな貝がザクザク!好きな貝をさしあげます。)
どれも参加無料!お子様から大人まで夢中になれる、楽しいイベントばかりです。

本日午後4時ごろまで開催していますので、是非ともお越しください。(コーナーによっては5時ごろまで延長します!)b0076096_14421824.jpgb0076096_14422771.jpg

本日午後7時30分からは、天体観測室にて今日も「土星・木星と春の星座をみる会」を開催!!
神秘的な木星のしま模様や、かの有名なガリレオ衛星、土星の環などを、当館自慢の望遠鏡でじっくりみませんか?
※ 参加無料、予約不要。北側通用口から2Fの天体観測室へ直接お越しください。
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-05 14:52 | 催し物のご案内
珍生物ヒメゾウクラゲ、また出現!今日だけ飼育展示中
4/27にご紹介した珍生物のヒメゾウクラゲが、また現われました!
こんどは阿武町の坂井さんが栽培漁業センター付近で採集され、寄贈してくださったものです。
長さ13cmぐらいのスケルトンの体に、イルカのような顔をした、とてもカワイイ生きものです。
長く飼えないので、5月4日の一日だけの限定で、情報センター(無料ゾーン)の小型水槽で飼育展示しています。まだ見ていない方は、今すぐ萩博へ!!
b0076096_11205522.jpg
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-04 11:25 | いきもの研究室より
深海魚の子ども現る!

今朝、萩市浜崎の萩商港で釣りをしておられた吉田卓生さん・竹内広朋さんが変わった魚を萩博にもってきてくださいました。堀研究員が調べたところ、珍しい深海魚・テンガイハタらしいことがわかりました。長さ14.3cmの小さな幼魚ですが、成長すると2m70cmにもなるそうです。

さっそく、情報センターの小型水槽に移して展示公開をはじめました。ただ、かなり弱っていたため、正午には死んでしまいました。それでも、ゴールデンウィークで来館中の家族連れの方々に見ていただけてよかったです! 魚は、これからホルマリンに浸けて研究・展示用の標本にします。 b0076096_13143010.jpgb0076096_1314505.jpg
ふつうは水深200mより深い海にすんでいるはずのこの魚、なぜ萩の浅い海にやってきたのでしょう? 萩の海は不思議がいっぱいです。
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-03 13:23 | いきもの研究室より
ゴールデンウィーク企画「キレイな貝をさがそう」準備完了!
雑然と砂が置かれている萩博物館の作業室。この砂を使って、ゴールデンウィーク企画「キレイな貝をさがそう」の準備が完了しました。
5/3~5/5の3日間、当館のエントランス(無料ゾーン)の「萩博いきもの研究室」内に、萩、壱岐、奄美など西日本6か所の貝砂(貝殻がまざった砂)を用意します。みなさまには、好きな場所の砂から微小貝(大きさ数ミリの貝)をさがし、プレゼントやコレクション、インテリアにして持ち帰っていただけます。キレイな微小貝をたくさんゲットできる貴重な機会ですので、是非ご利用ください。
※ 参加は無料。もちろん、見つけた貝も無料でさしあげます。なお、見つけた貝をインテリアやコレクションにしたい方は、お好みでミュージアムショップにて標本ケースや小ビンをお求めください。

b0076096_8261329.jpgb0076096_8229100.jpg
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-03 08:26 | いきもの研究室より
ゴールデン・ウィークの萩博は・・・
ゴールデンウィーク期間中の萩博物館の催し物をご紹介します。

b0076096_8184563.jpg■ 土星・木星と春の星座をみる会
木星の縞模様や衛星、土星の環を天体望遠鏡で観測してみよう!
 と き 5月3日(水)〜5日(金)午後7時30分〜9時
 ところ 萩博物館 天体観測室 (博物館北側通用口からお入りください)
 主催・問合せ 萩博物館 0838-25-6447
 ※予約不要 どなたでも参加できます。


b0076096_8194615.jpg■ 昔のおもちゃで遊ぶ広場
竹とんぼ、竹馬、竹ぽっくり、コマ、めんこ、お手玉、折り紙で遊ぼう!
 と き 5月3日(水)〜5日(金)午前9時〜午後4時
 ところ 萩博物館 長屋門前広場ほか
 主催・問合せ NPO萩まちじゅう博物館 0838-25-3177
 ※いずれも無料、つくった竹とんぼはプレゼント!


b0076096_8202922.jpg■ 手づくり・体験コーナー
押し花のしおり作り、貝のストラップ作り、こっぱ絵書き、キレイな貝を探そうコーナー
 と き 5月3日(水)〜5日(金)午前9時〜午後4時
 ところ 萩博物館 エントランス 萩博いきもの研究室
 主催・問合せ NPO萩まちじゅう博物館 0838-25-3177
 ※いずれも無料・プレゼント!(数に限りがあります)
[PR]
# by hagihaku | 2006-05-02 12:33 | 催し物のご案内