人気ブログランキング |
危険生物展、3万人突破!(続話④)
前話からのつづきです。

「毎年夏には萩博物館に来ることにしている」方がどんどん増加し、3万人超で安定してきた萩博物館の夏展シリーズ。

b0076096_8592152.jpgその第6弾、今年開催中の「最恐!危険生物アドベンチャー」が一昨日(8/11)に過去最短で 3万人を突破しましたが、ここで忘れてはならないことがあります。

とかく、一般的には来場者数が多い・少ない、はたまたX万人突破・・・といった「人数」が博物館の特別展や企画展の評価基準にされがちです。

が、私たち萩博物館スタッフは、昨年度から第2の基準も導入しはじめました。それは、博物館が公共施設であり、かつ真の博物館であり続けるために決して見落としてはならないもの・・・すなわち、来場者の方々の満足度です。

たくさんの皆様がいらっしゃって表向きは「成功」でも、たとえば、スタッフの対応がよくなければ来場者お一人お一人の満足度は下がっていきます。また、会場内がギュウギュウに大混雑して展示物がほとんど見られない状態だったりしても満足度はどんどん下がります。連動して、博物館が掲げるテーマやメッセージへの理解度も地に落ちていきます。博物館が、博物館でなくなっていく瞬間です。

b0076096_8594293.jpgそれだけは避けたい!と、私たちは来場者アンケートを毎日すべて拝読しつつ、萩博物館の職員と当館の運営の一端を担っているNPO萩まちじゅう博物館が連携し、試行錯誤しながらもさまざまな対策を立て実行しているところです。

まだ不十分な点もありますが、来場者アンケートの「スタッフの対応」「展示の内容」「会場のつくり」等々の項目すべてにおいて満足度90%以上、そして「必ずまた来館したい」の項目に丸をつけてくださる方が90%以上となることを目指して奮闘中です。

みなさまが5年かけて育ててくださった萩博物館の夏展シリーズ。来夏そして次の夏、さらにまた次の夏へとつなぐべく、ともに当館の夏展シリーズを育ててくださいますよう、皆様にお願い申し上げます。

(堀)

午後の萩博ブログにて、明日(8/15)おこなわれる本展のテレビ中継のお知らせをしますので、ぜひまたチェックしてください!

by hagihaku | 2012-08-14 09:03 | 展示のご案内
<< 危険生物展、8/15にテレビ中継! 危険生物展、3万人突破!(続話③) >>