列車で海を楽しむ「萩・海の学びトレインツアー」、10月4日も発車!(2015.9.23)

世界遺産や大河ドラマで注目を浴びる幕末維新の歴史の町・。この萩の町で、ちょっと異色で、秋の行楽にピッタリのツアーが「発車」します!


b0076096_1732621.png
「萩・海の学びトレインツアー」
ちょっと長い名前ですが、要するに、「トレイン」(列車)に乗って、萩の「海」をたっぷり楽しみ「学ぼう」という日帰りツアーです。
ツアーは計7回のシリーズになっていて、「萩の海」をテーマにしながらも、回によって行先や目的が変えてあります。すでに8月に4回おこない、いずれも参加希望者が定員をオーバーするほどの大盛況・大好評。そして第5・6回目が10/4(日)と10/11(日)に開催されます。

くわしくは こちら→ http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/1508BBtrain/image/akifuyutorein.pdf

そのうち、10/4(日)の回の応募締切が9/27(日)まであと3日と迫ってきました!
そこで今回は、その10/4(日)「まちじゅう博物館コース」についてご案内したいと思います。


b0076096_1735733.jpg
このツアーを牽引するのは、タイトル通り、トレイン(列車)です。その名も「萩びーびートレイン」

「びーびー」とは、萩で「魚」をさす子ども言葉。大人同士でももちろん結構ですが、特に親子連れの皆様に楽しんでいただければとの思いで名づけられたトレインです。

当日、このようなヘッドマークをつけたトレインが萩のとある駅にあらわれ、あなたを萩トップクラスの「海のパラダイス」へとお連れします。

b0076096_174268.jpg
「萩びーびートレイン」にただ乗って、ゴトゴトと走って行くのではありません。

車窓から美しい萩の海の風景を「かぶりつき」で鑑賞していただくのはもちろん、ワクワク・ドキドキの車内イベントやトークショーも。
司会は・・・今夏、萩博物館の特別展やイベントをチェックしていた方々ならおなじみの、あの人物です。さらに、途中の駅から「海からやってきたナゾのキャラクター」が乗り込んでくるとのうわさも・・・
まさに列車は「動く美術館」&「動くイベント会場」と化します。

・・・と、「萩びーびートレイン」がたどり着く先は、萩トップクラスの「海のパラダイス」・須佐という場所。ここであなたが目にするのは・・・

b0076096_1744972.jpg
ドドーン!と海辺にそびえる異形の断崖!

画面を下までたどって見てください!
比べてください、下に立っている人々と。
高さ約15mもあります!

まるでチョコレートとクリームが重なりあった巨大なケーキ。
まるで異星に降り立ったかのような不思議な光景にあなたは圧倒されるはず。

b0076096_175334.jpg
須佐のシンボルといわれる「畳岩」です。

この畳岩、いったい何でできているのでしょう?
いつ、どうやってできたのでしょう?
どうしてこんな海辺に?

しかも・・・おっとっとっと、危ない!海に向かって傾いています。
いったいここでいつ何が起こったの!?

次から次へと湧き上がってくる疑問や謎を、耳から聞くだけでなく、目や手や足も使って分かりやすく楽しくお伝えします。

b0076096_1755848.jpg
須佐は奇妙な岩がいくつも立ち並ぶ、「ジオ」(大地や地質を指す言葉)のテーマパーク!

須佐湾遊覧船に乗って、海からジオクルージング!
「遊覧船」とはいえ、ホンモノの漁船に乗って高速でガンガン勇ましく外洋に出ていきます!
その先には高さ100mもの絶壁!
そしてその向こうには暗黒の洞くつがぽっかり口を開けています。

まさかこの洞くつに・・・?


b0076096_1761851.jpg
もちろん!入ります!
漁船ごと頭から、容赦なく洞くつに突っこみます!
一般的なイメージの「遊覧船」とはかけ離れた、超・アドベンチャー。
洞くつの中の天井には、とある生物の「アジト」があるといううわさも・・・

(※海の状況によっては洞くつに入れない場合や、船が外洋まで出ず内湾コースに変更となる場合もあります。)

b0076096_1764241.jpg
こうして、ダイナミックで躍動的な須佐の海のジオアドベンチャーをたっぷり堪能していただきます。

が、ツアーの途中で、「高山」(こうやま) という山の山頂まで送迎バスでお連れしたいと思います。
写真をみるとなだらかで優しい形の山に見えますが・・・なんと、高さ532.8m!

須佐の「まち」はもちろん、さっき遊覧船でめぐったジオの芸術品の数々が一望できる大パノラマを楽しんでいただきます。
そしてこの山頂には、ある不思議な性質をもった「パワーストーン」 (!?)が鎮座しているそうです。
その正体とは?そのマジックパワーとは?ご期待ください!


b0076096_1765912.jpg
これだけのポイントをめぐると、まる1日かかりそうですし、お腹もすきそうですね。
ですので、もちろん須佐ならではの名物のグルメもセットになっています。

須佐といえば、おいしいものがいくつもあるのですが、中でもイカが有名(ブランド名「男命イカ」(みこといか))。

b0076096_1784126.jpg
お昼には、これを使ってイカ飯づくり体験をしていただきましょう!
その後、イカ飯が炊きあがるのを待ちながら、山口県漁協須佐支店女性部のご協力による「漁師のおかみさん手作り料理」を楽しんでいただきます。
(イカ飯のほか、イカのあげもの、トビウオのつみれ汁、ひじきの煮もの、須佐の天草の寒天など)

このように萩市北東部の須佐は、美しい海、奇妙な岩、洞くつ、絶壁、おいしいイカ・・・など、海の魅力がずらりと並んだ「まちじゅう博物館」!それを1日かけてめいっぱい楽しみ学んでいただこうというグルメ&アドベンチャーツアーです。

ファミリー(親子連れ)向けですが、もちろん大人の方だけでも、どなたでもご応募いただけます。
参加費、応募方法、応募先など詳しい情報については、こちらからご覧になれます → http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/1508BBtrain/image/akifuyutorein.pdf

この10/4「萩・海の学びトレインツアー まちじゅう博物館コース」の応募締切9/27(日)まであと3日。どしどしご応募ください!

b0076096_178140.jpg
最後に一つ。
このツアー、なんと!
帰りの列車の窓から・・・世界遺産(明治日本の産業革命遺産「萩反射炉」)までご覧になれます!

b0076096_1792742.jpg

[PR]
by hagihaku | 2015-09-23 17:09 | 催し物のご案内
<< 10月11日は萩から列車で珍し... 萩博物館「べっぴん!美形いきも... >>