「明治維新の光と影」展の展示替えについて
昨日は図録の最終校正を終え、
今日は「長州砲」の展示を終え、いくらか肩の荷がおりました。

1週間のごぶさたをしておりました。道迫です。

さて今日は、このあいだご質問をいただいたこともあり、
特別展「明治維新の光と影」の展示替えスケジュールについて、
少しご案内をさせていただきます。

この特別展は、9月15日から11月11日までの58日間、休まず開催いたしますが、
会期を29日間ずつの半期にわけ、前・後期で展示替えを行います。

前期:9月15日(月、祝)~10月13日(月、祝)
後期:10月14日(火)~11月11日(火)


その理由は、前にも書きましたとおり、
国民の貴重な財産である文化財を未来へ確実に引き継いでゆくためです。
文化財の保存と活用という、たいへん難しいところに関係するため、
環境の変化に弱い資料は2ヵ月間も展示することができません。
ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

なお来月のはじめには、展示物のリストを公式ホームページにアップしたいと思っています。
どの展示物がどの期間に展示されるかをおわかりいただけるようにしていますので、
ぜひ、ご参考いただけたらと存じます。

萩市、および山口県エリアにお住まいの方ならともかく、
ご遠方から旅行を計画される方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、ホームページで事前に展示スケジュールをご確認をされてから、
当館へお越しくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ちなみに「長州砲」については、実物を楽しみにしていらっしゃる方が多いと思いますし、
来年の5月31日までと期間も長いですので、
もうしばらくしてから状況をお伝えしようと思います。

[PR]
by hagihaku | 2008-08-26 18:30 | 歴史資料調査室より
<< 萩の海中のようすは・・・? 【... 「昆虫城への通行手形」・・・ラ... >>