2015年 03月 27日 ( 3 )
萩博物館特設展示室「兄松陰と妹文-杉家の家族愛」第2期展示について
大河ドラマ「花燃ゆ」お楽しみいただいていますでしょうか。
萩博物館ではドラマの放送に合わせ、昨年11月8日より特設展示室を開設しました!
吉田松陰と杉文(のちの楫取美和子)が家族に送った手紙のほか、杉家から萩市に寄贈された実物資料を展示しています。
特に貴重な松陰の手紙59通も定期的(約4カ月ごと)に入れ替えて公開中です。
b0076096_1645710.jpg


現在は第2期(2月27日~6月18日)として、19点の資料を新たに追加しました。
吉田松陰の家族あての手紙(書簡)全59通のうち、今回は9通の手紙を展示しています。
家族に対して強がったり、悩んだり、松陰の人間味あふれる姿を感じ取る事ができます。

① 松陰が江戸で励んでいると報告した父あての手紙
b0076096_1651292.jpg


② 松陰が江戸での学問上の悩みを打ち明けた兄あての手紙
b0076096_1652423.jpg


③ 松陰が水戸から友人来原良蔵を気遣った兄あての手紙
b0076096_1654774.jpg


④ 文の夫・玄瑞没後につづられた久坂家の家計簿
b0076096_1655719.jpg


⑤ 文が東京の毛利邸園遊会について報告した姪あての手紙
b0076096_1664100.jpg




大河ドラマだけでは語りつくせない?二人の魅力にぜひ触れてみてください。

○会期 平成26年11月8日(土)~28年9月4日(日)
 第1期 26年11月8日(土)~27年2月26日(木)
 第2期 27年2月27日(金)~6月18日(木)
 第3期 27年6月19日(金)~10月6日(火)
 第4期 27年10月7日(水)~28年1月25日(月)
 第5期 28年1月26日(火)~5月16日(月)
 第6期 28年5月17日(火)~9月4日(日)
○会場 萩博物館 特設展示室
[PR]
by hagihaku | 2015-03-27 14:35 | 歴史資料調査室より
海を拓いた萩の人々、14 ~ 先駆者国司浩助の関連資料を追加! ~
萩博物館「海を拓いた萩の人々」展の会期は、残すところ10日余りとなりました。
b0076096_11532186.jpg

このブログも、何かと事多いため更新が滞っています。
申し訳ありません。
b0076096_11535447.jpg

トロール漁業の先駆者・国司浩助の関連資料をご子孫の方からお借りし、追加展示しておりましたことご紹介を怠っておりました。
大変失礼いたしました。
b0076096_11562617.jpg

国司氏が、台湾に水産会社「蓬莱水産」を創設しようとしていた頃の資料です。
b0076096_13553978.jpg

家族あての「渡台(渡䑓)第〇〇信」と記された絵葉書や書簡が多数伝えられており、その一部を展示しています。
消印には、台北などの地名と1927年(昭和2年)4月の日付を認めることができます。
b0076096_135719100.jpg
b0076096_13573939.jpg

国司浩助が漁業指導にあたった共同水産(後の日本水産)では、昭和2年(1927)7月、台湾の基隆(キールン)において蓬莱(ほうらい)水産を設立します。
ディーゼル機関を搭載した底引き網漁船4隻を導入、東シナ海で操業し、基隆や高雄(たかお)に冷蔵庫を設けて鮮魚を台湾島内に供給したとされます。
門司から汽船「蓬莱丸」で台湾に渡った国司は、精力的に、港や消費地を巡り、会社の設立に備えています。
絵葉書は、基隆と蘇澳(スオウ)の港の様子です。
ちなみに蘇澳(スオウ)には、ちょうど同じ時期に、萩市三見浦から、羽魚(ハイオ=カジキマグロ)流し刺し網漁で出漁寄港していました。
b0076096_1412374.jpg
b0076096_1412567.jpg

絵葉書の表の面まで、港や町の様子などが書き込まれています。
国司の熱情が伝わってきます。
b0076096_1416374.jpg

この蓬莱水産設立から、1931年(昭和6年)に香港を拠点とした「蓬莱水産公司」を設立したころに、国司が愛用したトランクも展示しています。
トランクには、宿泊した旅館・ホテルのステッカーが貼られています。
b0076096_141758100.jpg

展示絵葉書の中で、宿泊所として記されている台湾鉄道ホテルのステッカーです。
b0076096_14191374.jpg
b0076096_14192818.jpg

基隆や上海の旅館・ホテルのステッカーです。
各地を飛び回っていた国司の姿が浮かんできます。

そのような国司ですが、家族との時間も大切にしたようです。
当時は珍しい家族と過ごす国司のフィルム映像もご紹介しています。

「海を拓いた萩の人々」展は、来月4月5日までです。
お見逃しなく。

・・・ つづく ・・・   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2015-03-27 14:27 | くらしのやかたより
萩にもツバメ飛来!ミドリヨシノも咲きましたよ~ !!!
ツバメが帰ってきました!
3月24日です!
(スイマセン、ここのところ何かと事多いもので・・更新を怠っておりました)。

昨年2014年が3月19日、その前年の2013年が3月18日でしたから、少し遅い飛来でした。
(あくまでも小職の萩博物館における観察ですが・・・)
色々な意味で!春の到来が待たれます。
b0076096_10441510.jpg

萩城跡、指月公園内の志津岐山神社参道傍らに咲くミドリヨシノです。
花はソメイヨシノに似ていますが、がくが緑色であることからミドリヨシノと 名付けられました。
b0076096_1154191.jpg

花は純白ですが、開花すると、がくの緑色により遠くから見ると淡い薄緑色に見えます。
ソメイヨシノより一週間程度早く咲きます。
b0076096_1161050.jpg
b0076096_1162859.jpg

b0076096_1172172.jpg

先ほど、別件で萩城跡へ行きました。
3分咲きといったところでしたが、今日(3月27日)の陽気で、一気に開花するかもしれません。
お見逃しなく。
b0076096_11164319.jpg

ちなみに、ソメイヨシノはこのような状況でした。

エ~~それから~~ 萩博物館「海を拓いた萩の人々」展、好評開催中です。
そして、特設展示室「兄松陰と妹文」展、大好評開催中です。
お運びお待ちしておりま~す。   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2015-03-27 10:31 | くらしのやかたより